RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京響定期:ラフコン2番(ルガンスキー)

少し前になりますが、14日に京都コンサートホールに友達と行ってきました。
お目当ては、ルガンスキー。
曲は、ラフコン2番。

で、今日のクラシ○ク音楽館でその日のコンサートが放送されました。


京都市交響楽団 第577回定期演奏会
1.ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18(ラフマニノフ作曲)

・アンコール/絵画的練習曲「音の絵」Op.33-8(ラフマニノフ)
   ↑
  放送ではカット

2.交響曲 第1 二長調「巨人」(マーラー作曲)

・アンコール/カプリッチョから間奏曲「月光の音楽 」(リヒャルト・シュトラウス)

管弦楽:京都市交響楽団
指 揮:広上淳一
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー(1曲目)

収録:2014年3月14日 京都コンサートホール



同じ演奏を聴き比べられるのは初めてなので、今日の日を待っていました。
まずは、生の音と結構違うことにびっくり。

コンチェルトはピアノの音をオケとは別のマイクで拾うからか、
オケとのバランスがかなり違っていました。

実は、生では3階の後ろの方の席だったこともあってか、
ピアノの音が全体の3割くらいしか聞こえてこないのです。

これって、時々体験するのですが、責任?はいずこに??^^;

放送で聴いたルガンスキーはオトナで硬派な演奏。
色彩豊かという感じではなく、私としてはちょっと残念。

そして、生のオケの音は放送よりもっと良くて、出だしの音を聴いた時は、コレは!と思わせてくれました。
期待どおり、特に弦はよく揃って情熱的でした。
オケの人数はそんなに多いわけではないのに、よく音が出ていました。

2曲目のマーラーの「巨人」では、広上さんの情熱が楽団員にも乗り移って、
小1時間に及ぶ演奏も最後まで飽きずに聴けました。
イマジネーションが大いに刺激される、いい演奏でした。

で、今回の放送って、広上さんにスポットが当たっていたのですね^^;
紹介も広上さんだけだし、アンコールもルガちゃんも演奏したのに放送されませんでした。


なんでも、京響の定期演奏会が最近では完売が続いていて、
それは彼がこのオケの常任指揮者になってからだとか。

この方は、曲のイメージを日常的なことに例えるのがお上手で、
演奏者はそれぞれ自分でイメージを膨らませて演奏するそうです。

だからなのか、聴いている方もその演奏から色々想像しながら聴くという・・。


音楽は、イマジネーション!!・・かな。


そうそう、「巨人」の3楽章って、「フレールジャック」の短調版の輪唱に聞こえて仕方ありません^^;
あと、広上さんのダンスのような指揮ぶりに、友達が笑いを抑えられず^^;

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。