RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコライのコンサート

昨日、ニコライのリサイタルに行ってきました。

でも昨日のコンサートの前、10月24日に京都でのコンチェルトにも行ったのでした^^;
今頃で記憶もあいまいですが、そちらから・・

曲目は、ショパンのコンチェルト2番。
京響の人気で客席はほぼ満席。

ピアノはおとなしい印象。
詩情豊かに始まったのですが、第3楽章まで同じ感じで、ちょっと物足りない。
もっと勢いや盛り上がりが欲しかったです。
テンポも少し遅かったかも・・。
でもタッチミスもなく無難にまとめていて、ブラヴォーも出ました。

で、指揮者(チャールズ・オリヴィエリ=モンロー)の計らいで、アンコールが2曲。
・ローゼンタールの「ウィーンの夜会」
・ショパンのワルツ14番 ホ短調(遺作)

会場は大いに盛り上がり、ニコライもご満悦。
CD売り場は人だかりがしていました。


そして、昨日のいずみホールでのリサイタル。
こちらは客席が半分くらいの空き状態(ムムム)

プログラムは
・ハイドン:ピアノ・ソナタ 第34番 ニ長調 Hob.XVI:33
・リスト:超絶技巧練習曲 第5番 変ロ長調「鬼火」
・リスト:巡礼の年 第2年「イタリア」から❝ダンテを読んで ソナタ風幻想曲❞

・ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
・ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ 第1番 ニ短調

そして、アンコールが、なんと9曲!
ラフマニノフ:ひなぎく
ブゾーニ:カルメンファンタジー
シューマン=リスト:献呈
ワーグナー:歌劇「トリスタンとイゾルデ」より愛の死
ブラームス;ハンガリ舞曲第1番
ブラームス;ハンガリ舞曲第5番
ショパン:子犬のワルツ
ローゼンタール:ヨハンシュトラウスの主題によるウィーンの謝肉祭
ドビュッシー:月の光
(この後、客席の電気が点いて終わりになりました、この時点で時刻は9:30)

アンコールは超絶技巧たっぷりの曲が多く、本編を忘れそうになりました^^;

今思うと、最初のハイドンが愛らしくてとても良かったです。
鬼火やダンテはすごいテクニック、としか言いようがなく、
ラフマニノフは初めて聴く曲で、不勉強の私にはよくわかりません。
ただ、がっちりした構築でいい音色でした。

アンコールは「カルメンファンタジー」で拍手喝さいを受けて、
してやったりとニンマリ^^
席は前の方でよく見えたのですが、どの曲も楽々とこなしているようでした。
聴かせようという感じではなく、なんというかワザを披露している感じ。
そんな中、「月の光」が最初の一音が空気が澄んだようないい音で
最後まで聴かせてくれました。

あとサイン会があったのですが、全くお疲れの様子がなく
終始にこやかに応じていました。

あんなに弾いて疲れないというのもすごい!

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2014.11/30  
  • [Edit]

NoTitle 

☆カギコメさま

お元気そうで良かったです~
9曲もアンコールしてくれて、嬉しいような・・フクザツです。
本編が、丁寧ではあるけれど無難にまとまってしまっていて、
そこで発散できなかったエネルギーがアンコールで爆発。
そんな感じがします。

私としては、本編で感動、アンコールで超絶技巧を1~2曲、
叙情的な曲で終演が理想かな~

ニコライは目立ちたがり屋さんかもしれないですね。
恋愛もいいけど、失恋がもっといいかもしれません・・
ナンテ、ちょっと可哀そうかも^^;;
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2014.11/30  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。