RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DIVO CD 「THE PRPMISE」

CDはイヤホンで聴くと細かいところまで聴けるのがいいです^^

DIVOのアルバム、やはり次の曲へのつながりがあっていいですね。
今回のCDはゴールドです。
じっくり聴きました~^^

1.「THE POWER OF LOVE」
コーラスのバランスもいいし、オケとのバランスも
良くて盛り上がりが最高です。

2.「LA PROMESSA」
しっとり始まって、ウルスの声に慰められます。すっごくいいんです。
2番の始めのカルロスもいいです。そして、ディヴィッドが寄り添って。
セブのオペラっぽい発声。ディヴィッドがメロディーのコーラス。
後半に入って元気が出てきます。
この曲大好きになりました。

3.「ADAGIO」
カルロスのドラマティックなソロ胸がしめつけられます。
カルロスとディヴィッドのコーラスもすてき。
いつものカルロスの張り上げた声の上にディヴィッドがさらに乗せて
聴きどころです。
最後は決意が表れているような感じ。カルロス最高。

4.「HALLELUJAH」
セブはこういう歌、似合ってますよね。
カルロスとディヴィッドが盛り上げて・・
でもその後の“アレルヤ~アレルヤ”が
ちょっと大人しいんですよね(言っちゃった^^;)

5.「L’ALBA DEL MONDO」
漂う感じの曲調でオケのヴァイオリンが豪華。
内容が凝っていますね~この曲もいいですね!
ディヴィッドのソロ、最後のコーラスすてき。

6.「ENAMORADO」
エーゲ海が目に浮かぶような曲です。
雰囲気が違うと思ったら3拍子なんですね。
コーラスがいい感じ。

7.「ANJELINA」
カルロスから始まってサビのセブの明るい声がいいです。
ツアーではお得意のダンスが見れるかも^^
カスタネットとギター、よく合っています。
2番に入ってディヴィッドも又すてき。
伴奏が切れるところもかっこいい。
でも最後はディヴィッドに任せた方が・・ナンテ^^;

8.「THE WINNER TAKES IT ALL」
いきなり歌から始まります。
ディヴィッドの軽く流す感じがいいですね。
カルロス~^^;

9.「LA LUNA」
語るような落ち着いた曲ですね。
4人のソロ、グーです^^
2番のサビに入る前、フワ、フワ、フワ~と声が重なりあってステキと
聴いていたら次でいきなり大きくなってちょっとビックリしました。

10.「SHE」
ソロで声の個性がよく出ています。
セブがメロディーのコーラスがいいですね。
ディヴィッド、最後まで頑張ってます~^^

11.「AMAZING GRACE」
アカペラのコーラス、とてもいい感じ。
サビでは又またカルロスが・・^^;
なので、元に戻った時寂しく聴こえてしまいます。
CDもそこで終わってしまうので
尻切れトンボになってしまう感じが残念です。


でもでも、全体には待っていた甲斐がありました。
それに今回はウルスがすごく良かったし、
セブもポップス系の甘え声がなくていい感じ。
カルロスが声を使い分けてドラマティックに歌う歌唱力はすごいと
思うんですが、コーラスの時はもう少し他のメンバーの声を聴きたいんですよね。
そして、ディヴィッドはどの場面でも役割を心得ていて素晴らしいです。

これからCDがすり減るほど聴いて、又新たな発見があるかもしれません^^

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。