RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディヴィッド・ギャレット(Vn)

「ヴェルビエ音楽祭」で配信がなくて残念に思っていたディヴィッド・ギャレットの
映像がありました。

☆David Garrett(1980年9月4日生/ドイツ)
4歳から弾き始める。
8歳でマネージメントチームが付き、国際的オーケストラとソロとして共演。
10歳でハンブルグ・フィルハーモニ-・管弦楽団との共演。
1992年イダ・ヘンデルと共演し師事する。
1994年に史上最年少で名門ドイツグラモフォンと契約。
わずか13歳でデビューアルバムをリリース。ジュリアード音楽院を卒業。


「バッハ」です。


「Bumble Bee」です。


他には見つかりませんでした。
何を弾いたのかしら~
髪型、束ねない方が似合うと思うのですが^^;

今年の春の来日コンサートを体調不良でキャンセルになったのですが、
元気な姿が見れて良かったです。

Comment

 

おお、こっちのデイヴィッドだぁ~♪
>>髪型、束ねないほうが
うーん、そうかも。
デイヴィッドってちょっと頬の輪郭がポッチャリ見えやすい顔かも。
まあ、でもきっと本人のこだわりなんでしょうね(*^▽^*)
“熊蜂の飛行”好きです~
初めてヴァイオリンの生演奏でこの曲を聴いた時、弦を弾くこんな
演奏方法もあるんだ!とビックリしました。
思いっきり素人発言です(笑)
  • posted by ともみん 
  • URL 
  • 2008.11/27  
  • [Edit]

 

☆ともみんさん、こっちのディヴィッドです^^

髪型、CDジャケットなどはおろしていて、ストレートなんですよね。
ウルスのデビュー当時のようなi-178

>>初めてヴァイオリンの生演奏
この曲を生でですか?ワタシは聴いたことないです^^;
アンコールなどで弾いてくれると盛り上がりますよね^^

「バンブル ビー」、もう一つあります~
今、制作中です。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2008.11/27  
  • [Edit]

なるほど! 

>>ウルスのデビュー当時のような
こっちがマーシャさんのツボですね(笑)
暫く前に友人の知り合い関係でヤッシャ・ハイフェッツのお弟子さんの演奏を
聴く機会があったのです。
それはもう、ヴァイオリンに惚れました♪
  • posted by ともみん 
  • URL 
  • 2008.11/28  
  • [Edit]

 

☆ともみんさん、いい演奏会だったのですね^^

>>それはもう、ヴァイオリンに惚れました♪
こういうのって一期一会ですね。
いい経験ができて良かったですね!

>>こっちがマーシャさんのツボですね(笑)
ピンポ~ン!(笑)

  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2008.11/28  
  • [Edit]

 

マーシャさん、こんばんは
遅レスになってすみません。
こちらのデーヴィット氏は、ずっと知らなかったのですが、この前のマルティンが出たエコー賞の授賞式で、彼も何か賞をもらって登場したんですヨね。
それで初めて知って拝見しました。
マーシャさんが紹介してくださったお陰で、脇道へ逸れ。いろいろトークショーやインタビューの映像も観れて、たくさん話を聞くことができました。^^
(前にマルティンが出ていたTV Totalと言う、ふざけたオッちゃんのトークショーにも出ていた!)
ちょっとそれら内容をかいつまみますね。
名前がアメリカ人なのに、どうしてドイツ人なの?って不思議に思っていましたら、お母さんがアメリカ人(バレエのプリマだった)なんですって。
姓はお母さんの旧姓から取り、芸名として使っているそうです。
(お父さんはドイツ人で法律家)
4歳からバイオリンを始めて、天才少年として有名になり、13歳でドイッチュ・グラモフォンと契約。
子供の頃から演奏活動が忙しくて学校に行くヒマがなく、ずっと家庭教師を雇って勉強してたそうです。(でもちゃんとアビトゥア(高校卒業試験)も取っている!)
あちこち飛び回り、練習もたくさんして、他の子供と遊ぶ暇もなく、全く子供らしい生活は送れなかったと。
人前で弾くことは、子供の頃はそんなに意識せず楽しいと思ってやってたけれど、段々と年齢が上がるにつれていろいろと考えることもあって難しくなってきたと。
そんなにしてきた18歳の時に全てがイヤになってコンサート活動やプロとしてのキャリアを投げ捨て、ジュリアード音楽院に渡り、4年間勉強をしたそうです。
そこでは作曲の勉強や、クラシック以外の音楽もやるようになったと。
2004年からまた舞台に戻ってきたが、前とはまた違って、今は心から好きで楽しんで仕事をしている、と言っていました。
なんか、すごいナイスガイ!ですね。^^
  • posted by トミ子 
  • URL 
  • 2008.12/01  
  • [Edit]

 

☆トミ子さん、こんにちは^^
>遅レスになってすみません。
いえいえ、いつでもOKですよん^^

うわぁ、エピソードを紹介して頂いて有難うございます♪
芸名だったんですね。ワタシはそのあたりの意識が低いので
何の違和感もなくスルーしてましたよ^^;

友達と遊べないどころか学校へも行けないなんて、勉強以外にも学ぶことが
多いというのに・・立派な大人になれて良かったです^^
才能に恵まれていてもいいことばかりではないんですね。
でも人生にはやはり無駄はなく、今あるディヴィッド応援したいと思います。

>ふざけたオッちゃんのトークショー
巻き込まれず応戦できたのかな(笑)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2008.12/01  
  • [Edit]

 

さらに遅く現れてすみません。
実は、私のPCでは、残念ながら、何故か、
上の画像をクリックしても映像が出てこないのです。
でも、マーシャさんのおかげで、久しぶりに
直接YTで検索してみたら、最近の映像がすご~く増えていました。

独日翻訳、トミ子さんありがとうございます。
>名前がアメリカ人なのに、
そうなんですかあ~。

以前インタビューで、読んだ記憶があります。
(それまで語られてなかったそうですが、)
十代の活動は、お父さんのコントロール下で、
15才くらいからは、いつも指、腕、腰、どこか痛い状態で、
それでも先までコンサートが決まっていて・・・・。
18才で高校卒業資格証を手にして、
お父さんにジュリアードに行きたいと行っても許されず、
それでも渡米。親からは援助が無かった。
ということでした。

だから、再デビューは母方の姓なのかなあ。
モデルをやっていたのも経済的自立のためだったのかも。
>ふざけたオッちゃんのトークショー
私が見たのはこれです。言葉がわからなくても楽しめます。
http://jp.youtube.com/watch?v=hg74oLu4EYY
´David Beckham der Geige´バイオリンのD.ベッカムですって。
そういう発想、
日本のなでしこ(おばちゃん)のものではなく世界共通なのね、
って、おもいました。
  • posted by 入庵 
  • URL 
  • 2008.12/02  
  • [Edit]

 

☆入庵さん、さらに大歓迎デス!

>上の画像をクリックしても映像が出てこないのです。
おかしいですね。
画面上をダブルクリックするとYTに飛びますがそれもダメかしら・・
検索、お手数かけました。

ディヴィッド、苦労したんですねTT
子供の頃から活動していると親に主導権があって
バトンタッチのタイミングが大変なんですね。子育てにも通じますが・・
自立して人生を自分のものにする心意気、立派ですね!^^

リンクも有難うゴザイマス。
楽しかったです。オッちゃんも友好的な感じがしました^^
ピチカートを左ではじきながらのテクニック、すごいですね。

バイオリンのD.ベッカム君(笑)の成長のお姿を。カワイイです。
(以前にも貼ったことがあるのですが)
http://jp.youtube.com/watch?v=iAXYZan-LLc

因みにワタシ、ベッカムは“サッカーのトム・クルーズ?”なんっちゃって^^;
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2008.12/02  
  • [Edit]

No title 

マーシャさん、皆さん、コンニチハ。

入庵さんの貼ってくださった映像もオッちゃんのTVTotalですね。
しかもこれは、エコー賞受賞後のとても最近の番組なんですね。
私が見たのは去年くらいの?もう少し古いものでした。
2回も出演したんですね。
おっちゃんは、デーヴィットに対しては友好的でした。^^
自らのギターとの共演までして。w
爪弾きながら弾くテクニック、ほんと凄いですね!
パフォーマンスでも、人の(女性のw)心をガッチリつかみますね。v-238

>いつも指、腕、腰、どこか痛い状態で・・・
そう、このことも言ってましたね。
やっぱりバイオリンを弾くって、ピアノを弾くよりも身体に負担がかかるようですね。

モデルは学資を出すためにやっていた、とも語っていましたね。
ジュリアード時代は親からの援助がなかったなんて、それ以前に演奏活動でガンガン稼いでいたのに!?と言う疑問が・・・。

でも彼は、ストラディバリを所有しているそうです。
(現在壊れていて修理中)
オッちゃんが「高いだろう、幾らくらいしたの?」って聞いたら「100万$」って言っていました!
「そんなに金持ってんのか?」ってオッちゃんが聞くと「これでもハードワークしたからねぇ」って笑ってました。
  • posted by トミ子 
  • URL 
  • 2008.12/02  
  • [Edit]

No title 

☆トミ子さん、こんばんは!^^

うわぁ、訳して下さったんですね♪
オッちゃんは、硬い話しが苦手なのかもしれないですね。
それにギターもいっしょに弾きたかったのかな^^

言われてみると、バイオリンって姿勢は不自然だし、
ヴァイオリンをずっと持っているのも大変なことなんですね。

>それ以前に演奏活動でガンガン稼いでいたのに!?と言う疑問が・・・。
ホントだぁ。なんだか、だんだんお父上って?と思ってきましたよ^^;

ディヴィッドは1億円プレーヤーですか(違^^;)

そういえば、ディヴィッドとマルティン、同い年ですね。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2008.12/02  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。