RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールドベルグ いろいろ

NHKFMでセルゲィ・シェプキンの「ゴールドベルグ変奏曲」を
聴きました。Yさんに教えて頂きました♪

☆セルゲィ・シェプキン(40代??)
レニングラード(現サンクトペテルブルグ)に生まれ。
レニングラード音楽院(現サンクトペテルブルグ音楽院)で、ソコロフほかに師事。
1985年に同音楽院を首席で卒業。
1990年にボストンに移住し、ニューイングランド音楽院でラッセル・シャーマンに師事。
1992年にはアーティスト・ディプロマを、1999年博士号を取得。
同年のニューオリンズ国際ピアノ・コンクール第1位。

「ゴルトベルク変奏曲」はバッハが、夫人であるアンナ・マグダレーナのために
1725年頃作曲したサラバンドをもとに、1741年その30の変奏曲からなる音楽として
作曲しました。(by シェプキン)

アリアの原曲の「サラバンドは」 こちら です。
甘美な感じですね。。

今回の放送の始めあたりはちょっとバタバタしていたのですが><
ゆっくりから中くらいの速さの変奏がいいなと思いました。
速いテンポのVar.は拍子感が揺らぐところがあり、おさまりにも少々アレ?と
思うところがありました。
時々、molt decresc. になって、そうくるんだぁ・・ナンテ^^
それにしても、バッハは弾く人によってこうも違ってくるんですね。
でも弾くとなれば、面白いところでもあり、難しいところでもありますね。

バッハ:ゴールドベルク変奏曲バッハ:ゴールドベルク変奏曲
(2008/02/20)
シェプキン(セルゲイ)

商品詳細を見る



☆イム・ドンヒョク君が「ゴールド~」をリリースしたようです。
評判がいいようで、ちょっと興味があります。
収録時間が最後のパルティータを含めて65分ということなので、
リピートしてるようですね。

バッハ:ゴールドベルク変奏曲バッハ:ゴールドベルク変奏曲
(2008/09/03)
イム・ドンヒョク

商品詳細を見る


☆マルティン・シュタットフェルトはデビューCDが「ゴールド~」です。
(ちょこっと広報活動を^^;)
バッハ:ゴールドベルク変奏曲バッハ:ゴールドベルク変奏曲
(2005/11/23)
シュタットフェルト(マルティン)

商品詳細を見る



こちらは↓アンドラーシュ・シフの「ゴールド~」(バッハ)


シフのバッハ、やはり好きかも~♪

でもそれぞれ違う味わい!いいですね。
グールド、マルティン、ドンヒョク、シフ、そしてシェプキン。

キーシンは、この曲はグールドを超えるのは難しいと避けているらしい??

Comment

 

こんにちは!
危うく忘れそうになりましたが無事聴けました。

私は彼のCDを先に聴いたのですが、ライブは
もっともっと自由に弾いていました。
ピアノの音が何か違うと思ったら、NYスタインウェイ
を使っていたのですね。

装飾音を多用して、まるでジャズのアドリブのように
自由自在に曲を操っていましたね。
ちょっとデコレーション多過ぎな気も…^^;
でも好みは別として、ライブでこれだけの演奏が
できるのは凄いです!

本当にこの曲は奏者に全てが委ねられているので
聴き比べるのが楽しいですね~
イム君はどういう心境でこの曲をリリースしたんで
しょうね?
  • posted by ユウカ 
  • URL 
  • 2009.02/19  
  • [Edit]

 

☆ユウカさん、こんにちは!

主婦にとっては忙しい時間帯だったので大変でしたね^^;
シェプキンのCD、試聴できたので聴いてみましたが、
ライブより端正な感じですね。

>ピアノの音が何か違うと思ったら、NYスタインウェイを使っていたのですね。
違いがわかるなんてさすがでゴザイマス^^

今回のはCDの発売の後のライブ演奏なんですね。
ピアニストとしては、やはり進化したり冒険を楽しんだりするんでしょうか。
装飾音符をはじめデュナーミクなど大いに悩むところだと思うのですが、
これは素人考えですかね^^;

プロは、自分としてはこうあるべき!なんて閃くのかしら。
まぁ、そうでないと32個もやってられないですよね。
でも、ツィメルマンが1曲に10年かかると言ってるので少しずつ進化していくのかな。
ある時点で、こんなのできましたけど~^^みたいにお披露目~・・・でしょうか(笑)

>イム君はどういう心境でこの曲をリリースしたんで
しょうね?

検索してみましたが、期待するような情報は見当たらず^^;
CDリリースは3枚目なんですね。
過去の2枚は、ショパンとシューベルトのようです。
その次に「ゴールド~」となると、やはり何かの思いがあったのでしょうね。
ワタシ、イム君のCDを買おうかと思っています^^

  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.02/19  
  • [Edit]

 

ピアノの件はですね…
1曲目のイタコン1楽章のあと、「外からピアノを
持ち込んだ」と解説が入ったのデスヨ^^;

イム君、私も試聴してみました。
ロマン派っぽい?雰囲気が漂っていますね。
1曲1曲はとても美しいです。
全体の統一感という点では、やっぱりグールド、
マルティンかな…

ツィメルマンは、過去の(自分の)演奏は一切
聴かないと言っていたような気がします。
だから途中経過は披露しない=納得しないと
録音しない=録音が少ない、となるのかしら^^;
  • posted by ユウカ 
  • URL 
  • 2009.02/19  
  • [Edit]

 

☆ユウカさん

>1曲目のイタコン1楽章のあと、「外からピアノを
持ち込んだ」と解説が入ったのデスヨ^^;

聞き逃していますワ><
ちょうど始まる時間からしばらくの間、家族が次々帰ってきて^^;;

>全体の統一感という点では
やっぱ、すごい!!^^部分試聴で全体がわかるという・・
言われてみて聴き直しました。
変奏の特徴が際立っていないという感じでしょうか。
変奏ごとのテンポ設定も影響してるような。
1つ、1つがきれいなので全体ではどんな感じかなと思ったのですが、
もう、聴いた気がしてしまいました^^;;

>ツメ様
凡人の発想で、途中経過というよりその時点で最高、と思っても
時間がたてば、あの頃は若かったというようなことがあるのかなと
思いました(汗)
5月にコンサトに行く予定です。
一期一会の演奏、しっかり聴かなくちゃ^^
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.02/19  
  • [Edit]

バッハ! 

今年の“ラ・フォル・ジュルネ”がバッハなので、色々と勉強中です(笑)
とりあえず今のところはブランデンベルク協奏曲とか聴きたいなぁとか。
ご紹介頂いた「ゴールドベルグ変奏曲」、これも素敵ですね!
来月半ばからチケット発売なので是非候補に入れてみたいと思います♪

ああ、マーシャさんのようにクラシックをちゃんと「聴ける」耳が欲しい!!( >Д<;)
日々精進ですね!がんばりまつ。
  • posted by ともみん 
  • URL 
  • 2009.02/20  
  • [Edit]

 

☆ともみんさん

“ラ・フォル・ジュルネ”、いろいろ聴けていいですね~♪

バッハは名曲がたくさんありますよね。
「ゴールドベルグ~」はグレン・グールドの55年盤が名盤と
言われています。私も大好きです。

ご存知かもしれませんが、
↓「ブランデンベルク協奏曲」です。
http://www.youtube.com/watchv=hZ9qWpa2rIg

昨年TVで観たVn.カルミニョールの演奏もすごく良かったです。

クラシックをちゃんと聴ける耳、ワタシも欲しいです^^;
あと、英語を聞ける耳も~~!!(笑)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.02/20  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。