RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムストネン & クライバーン(6/8追記)

BS2 N響定期演奏会 の放送を観ました。

管弦楽 : NHK交響楽団
ピアノ・指揮 : オッリ・ムストネン

1. 3つの神秘 <2002年作> ( ムストネン 作曲 )
2. ピアノ協奏曲 ニ長調
  [バイオリン協奏曲 ニ長調 作品61 の作曲者自身による編曲]   ( ベートーベン作曲 )
3. 交響曲 第6番 ニ短調 作品104   ( シベリウス作曲 )
4. 交響詩「フィンランディア」 作品26   ( シベリウス作曲 )

                      [ 収録: 2009年5月9日, NHKホール / 5月A定期 ]

☆オッリ・ムストネン (1967年生/フィンランド)

ピアニストであり、指揮者、作曲家。
15歳でシベリウス・アカデミアで開催される国際ピアノ・コンテストで2位。
21歳でフィンランドの音楽祭の芸術監督をつとめる。


1番の「3つの神秘」は、ムストネン作曲の交響曲でした。
その名の通り、短いふしぎ~な曲でした^^;

2番の「ピアノ協奏曲 ニ長調 」は、ムストネンの弾き振りです。
弾き振りは空いた左手、というよりは、休符の時に高く手を振る、といった感じ。
ピアノがリードしているというのはわかるのですが、
オケがついていくばかりでは、どうなの?って思いました^^;
ピアノとティンパニーとの掛け合いを始め、
ムストネンの情熱に比べて、オケがちょっと冷めているような感じも。

ムストネンのピアノは歯切れがよく勢いがあります。
是非ソロを聴きたいです。


         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、ムストネンのピアノ協奏曲が10:56に終わり、
クライバーンコンクルのネット配信に切換え。辻井君は11:00に始まりました。
(クライバーンコンクルはTさんに教えて頂きました♪)

グッドタイミング!!

辻井君は、ショパンのピアノ協奏曲1番を弾きました。
登場した時から歓声が上がり、皆に応援してもらっているようですね^^

歌心たっぷりで音色もすごく綺麗です。
1楽章はオケの出始め、少し速いのでは・・と思っていたら、
辻井君は自分のペースで弾いていき、そのためにオケと速さがあわず
弾きにくかったのではと思います。

2楽章は調子よく、3楽章は少々躍動感が足りずおとなしい感じがしました。
う~ん、どうなんでしょう・・
このファイナルは、コンチェルト2曲と50分のリサイタル(厳しい~@@)なので、
あとのラフマニノフ2番とリサイタル、頑張ってほしいです。


次の演奏者、中国の19才、ハオチェン君のモーツァルトのコンチェルト20番も
聴きました。
とても清潔感のある好感の持てる演奏でした。
かなり良かったように思います。
辻井君の強力なライバルですね~


追記:クライバーンコンクール結果
Gold: Haochen Zhang, Nobuyuki Tsujii
Silver: Yeol Eum Son
Crystal: not awarded

Steven De Groote Memorial Award for the Best Performance(s) of Chamber Music: Evgeni Bozhanov, Yeol Eum Son
Beverley Taylor Smith Award for the Best Performance of a New Work: Nobuyuki Tsujii
Jury Discretionary Awards: Alessandro Deljavan, Lukas Vondracek, Eduard Kunz
Audience vote: Mariangela Vacatello

優勝は辻井君とハオチェン君ですね。
おめでとうございます!
これからの活躍が楽しみです^^

Comment

NoTitle 

マーシャさん こんばんは!
昨日は室内演奏会で忙しかったですね^^
夜はFMでラ・プティットバンドの放送、TVでもフォルジュルネがあり、録音・録画はしたものの未だ聴けてません~

コンチェルトはソリストが熱くなってしまうと打ち合わせと違ってしまったりして、難しいですよね。
ムストネンの指揮は解りにくそうなので息子に聞いてみたら
「コンマスを見るのさー」と、まさに冷めたお返事でした^^;
でも、ムストネンのピアノの音は好きです~

ハオチェン君、私も注目してます。(コンチェルトは未だ聴いてないのですが。良い演奏だったのですね!)
何たってユンディと同門ですから^^
あの大陸的な師匠、すばらしい指導者と思っています。
  • posted by Halumi 
  • URL 
  • 2009.06/06  
  • [Edit]

NoTitle 

☆Halumiさん

こんばんは~^^

>TVでもフォルジュルネがあり
うわっ、すっかり忘れていました><
実は、4日の小原さんも忘れましたよ(泣)
目の前にメモを貼っているのに・・あり得ないデス~ショボン

>ラ・プティットバンド
存じませんでした^^;
今ググってきたら、古楽器オケなんですね。
少しだけ試聴もできました。
機会があれば聴いてみたいです♪

>ムストネン
もうね、汗だくで合間に袖で汗をふきふき、熱演でした。
オケに思いが伝わらないと、余計に熱がこもる気がします(笑)

>「コンマスを見るのさー」
そっかぁ、そうなんですねぇ。目からウロコです~^^
特に客演指揮の場合、数回?のリハーサルで指揮者のクセや解釈を
理解するのは難しいですよね。

息子さんの裏話し、いろいろあるのでしょうね、面白そう^^

>ハオチェン君
ダン先生でしたね。
いい先生の元に才能ある若者が集まり、凌ぎを削って
世界に進出するんですね。
これからも目が離せないです。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.06/07  
  • [Edit]

NoTitle 

今晩のNアワー、ムストネン特集ですね。
見てみたいと思います。

Zhang君のファイナルソロをアーカイブで見ました。
2次、ファイナルと、どんどん演奏が良くなっていますね。
ガスパールは3人弾いた中でいちばん良かったと思います。
華奢なのに意外にスタミナが切れない・・・
やっぱり男の子は違うなぁと、感心しました。

感心するポイントが違う?^^;
  • posted by ユウカ 
  • URL 
  • 2009.06/07  
  • [Edit]

NoTitle 

☆ユウカさん

>Zhang君のファイナルソロをアーカイブで見ました。
昨日から、ライブ配信の調子が悪くて、音がブツブツ切れてしまい
ちゃんと聴けないんです~><

アーカイブ、今見に行ったら辻井君のラフマまで上がってますね。
今晩にでも聴いてみようと思います。

>ガスパールは3人弾いた中でいちばん良かったと思います。
それは、楽しみです^^

>やっぱり男の子は違うなぁと、感心しました。
体力的にも女性は損かもですね。
Zhang君は気負いがなく、自然体でいい感じですね。

男性ピアニストの音色は違うなぁと思います。
って、あまり女性のを聴いていなかったりします^^;

ムストネンが始まりました。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.06/07  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。