RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴェルビエ:キーシン

キーシンのショパンのコンチェルト2番をオンデマンドで聴きました。
(Yさんがお知らせ下さいました♪)

う~ん、やきもきしましたよ^^

Verbier Festival Orchestra
Charles Dutoit direction
Valérie Hartmann-Claverie ondes Martenot
Evgeny Kissin piano

Frédéric Chopin
Concerto pour piano et orchestre N° 2 en fa mineur op.21

*アンコール
・ウィーンの夜会 6番(シューベルト=リスト)
・子犬のワルツ(ショパン)

ふと気がつくと、協奏曲なのにピアノしか聴いてませんでした^^;

歌心に溢れたドラマティックな演奏で、指揮のデュトワさんも
“この拍手は君のものだよ”と言わんばかりでした^^

ピアニストの手・指があんなに真近かで観れるってすごいことですね。
キーシンの指は柔軟でバネがありそうです。
ピアノのスケールの大きさや安定感は、あの指で弾くしっかりしたタッチ
にあるように思います。

ショパンの協奏曲といえば、ブレハッチの演奏が好きですが、
ブレハッチは女性型、キーシンは男性型といった感じがします。

アンコールはデュトワさんに座らされ(笑)、「ウィーンの夜会」を弾いてくれました。
その後、「子犬のワルツ」ですが、聴いているとキーシンは練習などしなくても、
その場で何十曲でも弾けるんじゃないかと思えてきます。

もしかしたら、体の細胞全部が、音符でできているんじゃないかしら?(笑)

Comment

No title 

>ピアニストの手・指があんなに真近かで観れるってすごいことですね
激しく同感!
たとえ、最前列でも無理ですよ^^
ほんとに勉強になります(嬉)

ところで、キー神がラッパで参加しているのをご覧になりました?
plylist の(今のところ)1/2の 2. La Nuit Des Pianistes は連弾などで何人ものピアニストが演奏しますが、キー神はピアノではなくて、ラッパで参加です!一緒にドラなどをたたいているのがマイスキーとジョシュア・ベル。もう爆笑です!まだでしたら是非~
キーシンって、凄くストイックなイメージがあったのですが、こんなおちゃめな面もあるなんて^^
惚れ直したぞーw
  • posted by Halumi 
  • URL 
  • 2009.07/31  
  • [Edit]

No title 

☆Halumiさん

ひゃあ~、早速観てきました~
ホント可笑しいです~
大のおとなが揃ってお遊戯会??みたいな図ですよね(爆)
楽譜を見る目が真剣だし(笑)

私のPC、配信先の映像が音声と微妙にズレているので、
キー坊、遅れてるぞ~デス(爆爆)
天下のキーシンがリズム感悪ぅ・・みたいな(笑)
あと、ベルがマイスキーの頭をコン!!
オカシ過ぎ~
で、終わった後にベルがマイスキーに一礼(爆)

あ~楽しかった^^
お知らせ有難うございました♪

>ほんとに勉強になります(嬉)
あんな素晴らしいお手本、見せていいん?って感じですよね^^
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.07/31  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。