RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グールドのロマン派

I さんのところでグールドの記事を読ませて頂いて、
久しぶりに「ゴールドベルグ変奏曲」を聴きました。

55年盤と81年盤がありますが、私はどちらかというと55年盤が好きです。
でも、その時の気分によっては、81年盤が聴きたくなったり・・

ヴェルビエに夢中でちょっとご無沙汰してしまいましたが、
グールドのこと、忘れてはいません^^v
YTを観たりしていると、やっぱり胸がキュンとしてしまいます
あ~私、この人が、この人の演奏が好きだわ~と改めて思いましたデス^^;

そこで1ヶ月くらい前に買ったCD。
書こうと思いながら、随分日が経ってしまいました。

ショパン:ピアノ・ソナタ第3番ショパン:ピアノ・ソナタ第3番
(1995/07/21)
グールド(グレン)

商品詳細を見る


ここに入っているショパンとメンデルスゾーンの演奏は
1970年のカナダのラジオ放送の録音だそうです。

「ソナタ3番」は、以前、記事にした時にYTで聴きましたが、
CDで聴くと(イヤホーンで聴くのが好きなんです)、1楽章の始めあたり
低音がうなっておどろおどろしい感じで、何があったの?と思うような演奏で
なんだかゾクゾクしました♪

3楽章が一番ショパンらしい感じがしました。
声つきだし~^^

終楽章では、メロディ部分の伴奏がノンスタッカートで始まり、
最後まできっちりリズムが刻まれていき、気がついたら終わっていました(笑)

全体に普通?よりテンポが遅いですが、
こんなにたくさんの音符があったかしら~と思うような演奏で
いろんな音が交じり合って、複雑な感じがします。


そして、次のメンデルスゾーンの無言歌ですが、
初めて聴いた時は他の人の演奏よりセンチメンタルじゃないなぁ、
ナンテ思いましたが、聴くにつれあちこちで歌を聴かせてくれているのが
わかります。

この無言歌は(どの曲もそうですが)、左手が少し大きいので、
作曲家が和声にこだわって創ったであろうことが伝わってきます。
その曲の良さが感じられ何回も聴いてしまいます。


あと1枚目の残りと2枚目はスクリャービンとプロコフィエフですが、
長くなるので、又次の機会にまとめたいと思います^^;

Comment

No title 

マーシャさん、こんばんは
さっき、「知る楽」2回目を見ました。

バーンスタインのスピーチ、前に聴いたことがありました。
本番のステージでこんなこと言っちゃうわけ?って思ったんですが、正確には理解できなかったのです。今回字幕付きでよくわかりましたが、思ってた以上でびっくりでした。
今となっては、新聞の批評もなんでこんなにぼろくそに言われなきゃならないの? ですけどね。

『評論家』『専門家』が文字にした評価がほとんどすべてのような時代だったけれど、
ちょうど、録音とか録画を多くの人が見聞きできるようになってきたから、録音に専念するという新しい音楽家のあり方を考え実践できたということかもしれませんね。
来週も、録音した演奏が聴けるのかしらと楽しみです。
  • posted by 入庵 
  • URL 
  • 2009.08/13  
  • [Edit]

No title 

☆入庵さん

おはようございます。

2回目は私も結構印象に残っています。
録画しているので又、観ようと思います。

>本番のステージでこんなこと言っちゃうわけ?
その時、グールドは舞台のソデでニヤニヤしていたそうですよ^^
次の日には新聞を読んで傷ついたそうですが。

先日、「アンデルジェフスキ あるピアニストの旅路」で
ご自身が語っていましたが、
“協奏曲は妥協” “録音は自由が仇”だそうです。
ピアニストなら、みんな同じ考えかもしれません。
弾き振りも頷けますよね。
ただ、録音の編集に関しては賛否両論でしょうけど~

でも、グールドってとても魅力的だと思いませんか^^;
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.08/13  
  • [Edit]

No title 

昨日たまたまNHK教育をつけてみたらグールドの特集番組やってました!
「マーシャさんの大好きなグールドだ~!♪」って大喜びして母と観ました。
マーシャさんがいろいろご紹介下さってるので若干の予備知識と共に見れて、とっても有意義でした。

ど素人の感想ですがグールドって、本当の本当に天才で、繊細で、尋常じゃなく感性豊かな方だったんですね。
とてつもない才能の持ち主だからこそ、どこか偏ったところもあり誤解されることもあり。
とても興味深かったです。

母も「この人のピアノ、凄くいいね」と喜んでました。
いつも良い情報を、ありがとうございますi-189
  • posted by ともみん 
  • URL 
  • 2009.08/13  
  • [Edit]

No title 

☆ともみんさん

観られたんですね♪
お母様にも気に入っていただけたようでとても嬉しいです^^

グールドの天才ぶりは、
例えば初見でどんな曲も普通に弾ける、あるいは、一晩で協奏曲を暗譜できる、
録音のときは16の違う方法で演奏することを頭においてやっている等など。

一人っ子で母親が神経質だったため、グールドも潔癖症になったようです。
このあたりが変人とされている所以のひとつかもしれませね。

この人ならではの演奏が魅力です。
又、お母様と聴いてくださいね。
そうそう、今回の番組の続き、来週もあるようです。ぜひ~^^
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.08/13  
  • [Edit]

グールド 

私もグールドのゴールドベルグ変奏曲 だ~い好き♡です~ ^^

CD、2枚とも持ってますが
お気づきのように
私は断然!!55年盤派です~

81年盤は1回聴いただけ^^;
だけど
55年盤は 幾度となく聴いてます。

私が英会話を習ってるSarah先生はクラッシック音楽を殆ど聴かないヒトのようですが
グールドのゴールドベルグ変奏曲だけは知っていて「とにかく凄い!」って大興奮して喋ってました。
彼女、カナダ人なので
カナダの国民的ヒーローなのかな~って思いました ^^v
  • posted by mimosa 
  • URL 
  • 2009.08/16  
  • [Edit]

No title 

☆mimosaさん

ゴールドベルグ、いいですよね♪

>私は断然!!55年盤派です~
いつも元気印のmimosaさんには、ぴったりですね^^
「知る楽」の4回目の放送で81年盤のアリアが聴けるのですが、
心に染みる演奏です。
あ、ご存知ですよね^^

>カナダの国民的ヒーローなのかな~って思いました ^^v
そのようです~
デビューのときもそうですが、その後TVにも出演(ピアニストとしてではなく)したりして
アイドル的存在だったようです。
もちろん、ピアニストとしての評価があってのことだと思いますが~
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.08/17  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。