RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルロス、インタビュー

ツァーが終わり、しばしボォーっとしていたら~(なんで私が・・爆)、
もう4日も経ってしまいました^^;


フォーラムで、ファンの方がリンクしてくれていました。

カルロスがベネズエラのラジオのインタビューに答えています。





その方が、ご自分で聞き取ったスペイン語を英訳してくれていました。
アリガタイ~^^♪


Were recently in Venezuela and handsome Carlos Marin, Spanish, told us he was the only one without a girlfriend, so his visit to Venezuela was part of that search. We served our beloved Carlos Marin, and we want to start by asking how it was in Venezuela to IL DIVO?, Carlos welcome.
最近ベネズエラにハンサムなスペイン人のカルロスマリンがいました。
彼はガールフレンドのいないただ一人の人だと我々に言った。ベネズエラへの彼の訪問は、そのサーチの一つでした。我々の愛するカルロスマリンが応対した。そして、我々はIL DIVOにベネズエラでどうだったかについて尋ねることから始めたいです。
カルロス、ようこそ。


Carlos: Good, the truth that was fantastic, was a wonderful experience, always accept us phenomenally, and very good, very good, lots of people, the concert is full and really very happy.
カルロス:いいね、素晴らしかった、素晴らしい経験でした。常に驚くほど我々を受け入れいれてくれました。そして、多くの人々は非常に良い、大変良くて、コンサートは満員ですごく幸せです。

Tell me a little of this production "The Promise" which is an issue that has now IL DIVO, a luxury hard, talk a little about what he has been recording work and has given satisfaction and IL DIVO.
すごく豪華な現在のIL DIVOがあるこの"The Promise"の制作について少し話してください。
満足感を与えられたレコーディングの仕事とIL DIVOについて少し話してください。


Carlos: Well because this album "The Promise" since, as each new disc, we always try to add something new on this album we put new songs and we tried with 20 songs, we sang a capella songs like "Amazing Grace" as Suddenly a song known as the ABBA "The Winner Takes It All" or maybe a piece of a classic song entitled "Adagio," which was originally composed for a string quartet and then we put text and the truth is which is the classical piece of album, then good, are songs like "Alelujah" in Spanish and several others.
カルロス:さてこのアルバム「Promise」は、新しいディスクとして、我々は新しい曲を入れるこのアルバムに何か新しいものを加えようと試みました。そして、我々は20曲の曲で試みました。
我々は思いがけないこととして「アメイジング・グレイス」のようなアカペラの歌にABBAの、「Winner Takes It All」または「アダージオ」という名のクラシックの一つとして知られているだろう歌を歌いました。それからストリングカルテットのために作曲されたテキストがあった。真実はスペイン語での「Alelujah」のような歌や他のいくつかの曲をアルバムのクラシカルピースになっています。


Who made the selection of topics for this production, because as you say, this issue draws attention ABBA, Adagio also draws attention, who decides which issues are going to drive it?
あなたが言うように、アバやアダージョに注目を集めるというようなトピックの選択は誰がするのですか?それを実行しようというのは誰がどの問題を決定するのですか?

Carlos: It's a mix, is a team effort, the truth is that production of the disc makes a list, we have another and then mix, go to the study, we tested to see that song may be that we will work better and longer as a preset and have already started recording it.
カルロス:それは混合物です、チームの努力です。真実は、ディスクの制作はリストを作成します。我々はもう一つを持っていて、それから混ざります、研究します。我々は歌が我々がよりよく、そして、より長く働くということであるかもしれないのを見るためにテストしました。予めセットします、そして、すでにそれをレコーディングし始めます。

After this production Carlos, and after this tour they are doing for America, where do they go?
カルロス、この制作の後、彼らがアメリカでしているこのツァーの後、彼らはどこに行きますか?

Carlos: Well, after the South American tour, we stopped a little, let's take a short holiday in about 2 weeks and then they continue with another small Christmas tour, go to New York, go to England, to London, Paris and then Canada and then we'll start with the new album they started recording I think it's the middle of February next year.
カルロス:さて、南米のツァーの後、我々は少し立ち止まりました。
およそ2週間の短い休暇を取ります。それから、彼らはもう一つの小さなクリスマスツァーを続けます。ニューヨーク、イングランド、ロンドン、パリ、カナダへ行きます。
それから我々は新しいアルバムのレコーディングをスタートします。それは来年2月の中頃であると思います。


What is the theme of Christmas, it would be very interesting to listen to IL DIVO performing classic Christmas songs, is it possible or is this unrealistic?
クリスマスのテーマは何ですか?クラシックのクリスマスソングを演奏しているIL DIVOを聞くことは非常に面白いです、それは可能ですか、あるいは、これは非現実的ですか?

Carlos: No, no, that can just do, do something like 2 years we got a Christmas album, if he is not here (Venezuela), and is just as good a record that it was only Christmas songs then this show to be done, as I mentioned, in New York, England, France, as they will be only Christmas songs, some songs more than this tour, and then as a duet with any other soprano of each of the cities.
カルロス:いや、いや、それは単に、我々はクリスマスアルバムを得た2年間のような何かを行うことができますし、クリスマスソングだけの良い録音があります。私が述べたように、ニューヨーク、イングランド、フランスで行われるショーではクリスマスソングやこのツァーからの数曲を、それぞれの都市の他のソプラノ歌手とのデュエットをすることになるでしょう。

What can the fan, which can make the person that follows, the girl who wants to have something soon with Carlos Marin, who is the only single, where to write?
そうすることができることはファンです。あとに続く人を作ることができます。
カルロスマリン(その人は唯一のシングルです)とすぐに何かを持っていたい女の子がそこで書くためには?


Carlos: Well, anything ... give me her phone and I call it (laughs)
カルロス:さて、何でも...彼女の電話(番号)をください、そして、私はそれをコール(笑)

But also there's the Web page, www.ildivo.com Carlos thank you for this contact, all the success in the world, and hopefully we can be with you again, the pop quartet's lyrical moment, IL DIVO
でもウェブページwww.ildivo.comがあります。この触れ合いをカルロス、ありがとう。
世界でのすべての成功と、うまくいけば我々が再びあなたといることができることを願っています。
ポップカルテットの熱烈な瞬間、IL DIVOです。


(翻訳機を使いましたが、意味不明なところがあったので、少々自分で手を加えました。
まだ、おかしいですが><・・あと間違っていたらすみません。ご指摘下さい)



2週間の休暇なんですね。
セブとウルスは、慣れない子育てにてんやわんやかしら(笑)
ウルスって、おむつ替えるのかな・・うっ、考えたくない!(爆)
デビは奥様孝行、カルロスはシングルライフを満喫、といったところでしょうか~^^

きっと「Holiday Concert」の1週間くらい前から準備に取り掛かるのでしょうかね?

クリスマスソング、生で聴きたいです~
が、又また、YT頼みです^^;


そうそう、カレンダー、どうなっているのかと思って、H○Vに行ったら
SOLD OUTになっていました。
限定販売なので予約完了なんでしょうが、いったいいつになったら届くのでしょうか><

それから、DVD+CD(日本盤)も、発売が12月9日に延期されていました。
Import盤(12月1日)より発売が早いってフシギだと思っていたのですが・・><;


というわけで、それまでの間カルロスが↑で言っているクリスマスソングのCDを
聴くことに

クリスマス・コレクションクリスマス・コレクション
(2006/12/06)
イル・ディーヴォ

商品詳細を見る


このCD、お友達へのクリスマスプレゼントに最適です^^
私、いったい何枚買ったことか・・笑
友達の評判もグッドです♪

あのね、輸入盤は、日本盤の半額以下なので、曲を聴いてもらうだけなら、
そちらがお買い得ですヨ。解説は自ら話すという^^;


そうだ!「HOliday Concert」のDVD、つくってほしいな~

Comment

 

久しぶりにおじゃましました。

テンプレートが変わっていて「アレ間違ったかな~」(笑)

コンサートv-341も無事終わって~本当に長いツアーだったんですねe-43

マーシャさんのブログ・・おかげさまでDIVOのツアーを一緒に旅したような気分で本当楽しかったですよv-218
ありがとうございました。

これからも楽しみにしていますv-352
  • posted by momosuke 
  • URL 
  • 2009.11/16  
  • [Edit]

 

☆momosukeさん

>テンプレ
よくぞ見過ごさず足を止めていただき、有難うございます♪^^

DIVOツァー、いっしょに楽しんで頂けて嬉しいです。
私もこうしてお仲間とDIVOの話題に花を咲かせるのが
大きな楽しみですi-237
これからもよろしくお願いしますi-178

  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2009.11/16  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。