RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペライア 来日中止

ど、どうして??

先ほど、JAP○N A○T を見にいったら、お知らせが出ていました。
11月来日予定だったのですが、都合で!中止と。えっ~><

都合って??
スケジュールがあわないとか?あるいは、プライベートで何かあったのでしょうか?

そういえば、少し前にもアルゲリッチが、忙しくて満足のいく演奏を聴かせられない、という理由で
キャンセルになりましたね。
4月にVnのギャレットは体調が悪いという理由でドタキャンでした。

ワタクシ、関西でコンサートがなければ東京へでも行こうかと思っていたのでとっても残念です。

☆マレイ・ペライア/Murray Perahia(1947年生)

アメリカ人、両親はユダヤ人。72年にリーズ国際コンクールで優勝。
ホロヴィッツの晩年、彼の親身なアドバイスを受け、死の前日まで一緒にピアノを弾いていた
そうです。
(可愛がられていたのですね。今のブレハッチとツィメルマンのような感じかしら^^)
91年に親指を怪我し2年間の活動休止。その後、音楽への理解と愛情を深め復活。(CD解説より)

  「コンチェルト5番 第三楽章」(ベートーベン)
この曲は、「皇帝(Emperor)」という題がついていますが、誰がつけたかは、よくわからないそうです。
何度も出てくる主題にも豪華さがあり「皇帝」にふさわしいです。
明るい曲調の中にベートーベンらしい力強さが感じられ、ピアノもよく鳴り素晴らしいです。

バロック、古典派、ドイツロマン派がお得意のようです。

ペライアの隣りにグールドがありました。
  「皇帝 第三楽章」(ベートーベン) 
グールドが左利きだったということをYさんに教えていただいたのですが、
この映像の始めあたり、そうだったんだと確信しました^^

Comment

 

楽しみにしていたアーティストが来日中止、残念ですね…

ペライアはショパンも評判良かったように思いますが
どうでしょう?

グールド、左手で指揮してますね^^
気持ちが高揚すると自然に動いてしまうのかな。
死後もなお、こうして沢山の映像で彼を観ることが出来るのは幸せですね!
  • posted by ユウカ 
  • URL 
  • 2008.06/22  
  • [Edit]

 

ユウカさん、こんばんは~^^

ペライア、生で聴いたことがないので、ホント残念です。
ショパンの評判、良かったのですか、知らなくて^^;
私も好きです~。

シューマンもとってもいいです。「クライスレリアーナ」のCD、すごく気に入っています。
ベートーベンもいいですよね。
あと、「ヘンデルとスカルラッティ作品集」でグラモフォンの最優秀アルバム賞に選ばれています。

あ~、来日してほしかった~i-241

グールド、若いですよね。
その世界にどっぷりつかってますね~(笑)

指揮、そうなんです。左手ですよね。
ワタシ、真似してみたら、利き手じゃないのでムズカシかったです(爆)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2008.06/23  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。