RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の目

昨晩、ピアニスト辻井伸行さんのドキュメンタリーを観ました。

ムソルグスキーの“展覧会の絵”をアメリカ公演で5回弾くということで、
その過程を追ったものでした。

目が不自由な辻井さんの読譜は、カセットテープに入った先生の片手演奏を
耳コピして音にしていくという方法。

“展覧会~”は、演奏すれば、3~40分かかります。
それを約一週間で読譜したそうです。

今回の曲は、
『ムソルグスキーが彼の友人の遺作展を歩きながら、
そこで見た10枚の絵の印象を音楽に仕立てたものであり、
ロシアやフランス、ローマ、ポーランドなどさまざまな国の風物が
描かれている』(by wiki)ということです。

辻井さんにとっては絵を見てイメージを作り上げることができないのですが、
あえて、チャレンジ!したそうです。

心の目で見た絵を音楽で伝えたい・・


以前、お父様が“全盲の~”と言われている間は一人前ではない、と
いうことを言われていましたが、同感ではあるものの、そういう個性を
もったピアニストとして、これからもチャレンジしていってほしいと
思います。

そして、なかなか掴めなかったイメージですが、もがき苦しんだ末、
5回目の演奏会前にやっと思い描くことができるようになって、
出番待ちの楽屋で、“早く弾きたい、早く弾きたい”とわくわくされていた様子が
印象的でした。


辻井さん作曲の「川のささやき」です。




この曲は、彼が子どもの頃父親と行った隅田川の記憶を曲にしたそうです。
透明感のあるピアノの音色。心が洗われるようです。
いい曲ですね♪

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。