RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シューマン生誕200年

今日はシューマンのバースデー。

1810年6月8日生まれです。

wikiによると、シューマンの曲が初めて世に出たのは、シューマンが20才で
ピアノ教師(妻クララの父)に弟子入りした年で、曲は「アベッグ変奏曲」だそうです。

この題名、“アベッグ”は、ドイツ音名の、A-B-E-GーG から曲が始まります。
つまり、イタリア音名の配列 ♪ラ~♭シ~ミ~ソ~ソ ですね。
この音名を書いた時点で、メロディーが頭の中をかけ巡ります~^^

シューマンのこの手法は、他にもあって「ピアノ協奏曲 イ短調」の始まりが、
C-H-A-A ⇒ Chiara = Clara となるそうです。
1845年の作品なので、やはり妻のクララを意識したものでしょうね。


「アベッグ変奏曲」のYT、ランランやリヒテルの演奏がありましたが、
私は、このクララ・ハスキルの演奏が好きです♪
テーマはかなり高速です。




この曲、なぜか女性ピアニストが似合うような気がします。
自分でもなぜそう思うのかよくわかりませんが・・

繊細で小回りがきいて、スピード感がありますね。
仰々しく歌っていなくて颯爽とした感じがいいです。


ところで、ピアニスト、クララ・ハスキル・・どこかで聞いたような。
そうそう、“クララ・ハスキル国際ピアノコンクールです。

ルーマニア出身でフランスを拠点にしていた彼女はユダヤ系であったため、
ナチスの侵攻を逃れてスイスに移住。
その頃からピアニストとして脚光を浴びるようになり、65才で亡くなった後、
スイスがその偉業を称えて、名を冠したコンクールを創設したそうです。

2001年には、マルティン・ヘルムヘン、2007年に河村尚子さんが
優勝しています。

Comment

クララ 

クララへの曲をクララの演奏で聴かせていただき、ありがとうございました^^

>C-H-A-A ⇒ Chiara = Clara となるそうです。
どーしーららー♪
ナルホド、そうだったのですね!
もう「くーらーらーー」と歌詞が付いて聴こえてしまいますね^^
  • posted by Halumi 
  • URL 
  • 2010.06/08  
  • [Edit]

 

☆Halumiさん

クララつながりです~^^
でも、名前を音名に変えるなんて、粋な計らいですね。
妻にとっては、最高の贈り物。

Halumiさんのお名前もできそうですね。
H-L-M → シ~ラ~ミ~
ドイツとイタリアの混血ですが、いかがでしょう~(笑)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2010.06/08  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。