RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツィメルマン&ハーゲン弦楽四重奏団

ツィメルマンの室内楽をいずみホールで聴いてきました。


・ハーゲン弦楽四重奏団
・クリスチャン・ツィメルマン(ピアノ)

☆プログラム
1.バツェヴィッチ:ピアノ五重奏曲 第1番
2.ヤナーチェク:弦楽四重奏 第1番「クロイツェル・ソナタ」
3.シューマン:ピアノ五重奏 変ホ長調 作品44


いずみホールは客席数800ほどで、私の席は後方の中ほどでした。
どの席でもそう遠くはないのですが、今回は双眼鏡を持っていきました^^ヾ

ツメ様、登場です。
早速、双眼鏡~

おぉ、にこやかです。
お顔はちょっと紅潮していてピンク色。

う~~ん、まさしく外国人。(変な言い方ですが^^;)
写真ではわかりにくいその彫りの深さ。
日本人には絶対にないお顔立ちですね~

5月に芸文センターで拝見した時より背が高く感じました。
髪も整っていて、写真どおり。(芸文では写真より白髪が目立ちました)

椅子はやはりマイ椅子。
例の斜めに傾いたアレです^^


で、演奏ですが・・
5人の息の合った演奏は、素晴らしかったです~

ハーゲン弦楽四重奏団、熱演でした。
真剣勝負、とでもいうのかしら。
音楽に対する姿勢の厳しさを感じました。

ツメ様は終始にこにこしておられ余裕です。

弦の音色は柔らかく、時に烈しく。
ピアノの音色もくぐもった音から、クリアな音まで。
そして低音の響きに胸がキュンとなりました。

欲をいえば、シューマンでのチェロ、主旋律をもっと歌ってほしかったかな~
で、ツメ様ももう少し前に出てきても良かったのではないかしら。
欲を言えば、ですよ^^;

シューマンのピアノ五重奏曲は、1842年作曲で妻のクララに献呈。
翌年の初演も妻のクララが担当したそうです。(by wiki)

本当にいい曲で大好きです。
前に座っている男性の方々も体が自然に動いていて、
皆さん、ノッておられました。

私も終わった後はなんだかオケを聴いたような充実感に包まれました。

4回のカーテンコール。
最後は私もスタンディングでツメ様を見送りました。


そうそう、最後のシューマンの時だけ譜めくりさんがいました。
日本人と思しき女性です。
3ページ目をめくるのが遅れたようで、ツメ様はその方のほうを見て合図。
女性は急いで譜めくりをしました。

私も譜めくりなら、できるんですけど^^;
でも、ツメ様の隣り、ドキドキするだろうな・・(笑)


外に出ると、楽屋入り口にすでに列ができていました。
私も並びたかったのですが、
友達が先を急いでいて、仕方なく家路につきました。(心残り・・)


さあ、次は3日のブレハッチです。
楽しみ~^^

Comment

NoTitle 

私もいずみホールへ行って帰って参りました。前から5列目のほぼ中央でしたので音も問題なく5人の表情や目線も逐一見える良い席でした。RONDOさん仰るように「オケを聞いたような」迫力でしたね。しかし、四重奏団の醍醐味は、四本の弦が一体化した澄んだ音色にあると思っていますので、ハーゲンの音は迫力満点だが、やや濁って聞こえました。特に、ヤナーチェクはもっと静謐な感じが欲しいと思いました。、ツィメルマン様のピアノはさすがに余裕で迫力と澄んだ音色を備えていました。春の兵庫芸文でのショパンリサイタルの時のピリピリした雰囲気はなく、「頑張っている甥っ子(ハーゲン)を温かく笑顔で見守る伯父さん」といった風情で、ツィメルマンが本当に室内楽の演奏を楽しんでいるのが伝わってきました。その余裕からか?終演後に楽屋口に集まった数十名以上のファンの全員になんとサインのサービスが!もちろんハーゲンの4人も。ツィメルマン様には今後も室内楽などで楽しい演奏をして、今までの神経質な完璧主義者といった印象とは違った一面も見せて欲しいと思いました。
  • posted by  
  • URL 
  • 2010.09/30  
  • [Edit]

NoTitle 

☆??さま(どなたでしょう?)

良い席で聴かれたのですね。
私はやはり少し遠かったので、双眼鏡を・・^^;

シューマン以外の曲は、初めて聴いたのですが、
言われてみると、弦は確かに静謐な感じはなかったですね。
弦のこと、教えて頂いて有難うございます♪
勉強になりました^^

>笑顔で見守る伯父さん
ホントにそうでしたね。
記事にも少し書きましたが、私は室内楽としてもう少し主張があっても
いいのでは、と思いました。
終始楽しんでおられる様子は心温まるものがありました。

>サインのサービスが
やはりそうでしたか・・
ツメ様は納得のいく演奏をされた時、その気持ちを分かち合いたいという感じで
アンコールやサイン会をされるように思います。

いろんな記事を読んでいると、ツメ様は最近は室内楽に情熱を注がれているようですね。
孤独なソロとは違い、アンサンブルは楽しいと思うのですが、
私はアンサンブルもソロも聴きたい欲張りです^^;
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2010.09/30  
  • [Edit]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2010.09/30  
  • [Edit]

NoTitle 

☆カギコメさま

あら~私もびっくりしました@@
お仕事だったのですね。
今はホッとされていることと思います。
いい体験でしたね~(羨)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2010.09/30  
  • [Edit]

外国人 

ほんと!ツィメさまのお顔は日本人にありえないですよね~
横レスになってしまいますが、私も???さんのご意見に賛成です。
以前、このカルテットを聴いた時に同じ事を感じましたので
今回は行かなかったのデス。
ところでジャ○ン・アーツの広報紙にツィメさまのインタビューが載っていました。
ツィメさまが子供の頃、ある年のクリスマスに「鍵盤のついたクラリネットのお化けのような楽器」をもらい、見よう見まねで吹いていたら楽譜が読めるようになったのだそうです。
ピアニストであるお父様がお友達と室内楽をする時に誰かが抜けるとツィメさまが代わりにその楽器で演奏していた(どのパートでもOK!)のだそうです。
それ以来室内楽とはずっと関わってきたそうですから、今回も余裕しゃくしゃくだったのでしょうね~
それにしてもクラリネットのお化けってどんな楽器かしら。
鍵盤ハーモニカ(ピアニカ)みたいなもの?
こどものツィメさまがそれを吹いているの、可愛かったでしょうね^^
  • posted by Halumi 
  • URL 
  • 2010.09/30  
  • [Edit]

NoTitle 

☆Halumiさん

ツメ様はホントに美男子でした♪
Halumiさんは以前からシューマンの五重奏曲がお好きと言われてましたね^^
オススメのカルテットってありますか?

>代わりにその楽器で演奏していた(どのパートでもOK!)のだそうです。
ツメ様クラスになると、8才や10才でリサイタル、なんていう感じなので、
そういうことも頷けますね^^
余裕はもちろんですが、とにかく楽しそうでした~♪

>クラリネットのお化け
子供の目で見て、大きく感じたのかもですが、
“吹いている”となると、私もピアニカしか思い浮かびません^^;
ツメ様の子供時代、写真でもあれば見たいものですね~
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2010.10/01  
  • [Edit]

行きたかった~ (>_<) 

楽しく記事拝見しました。
なかなか素敵なコンサートだったのですね!^^
私も行きたかったなぁ~
あ~仕事が恨めしいデス・・・(T_T)

上記コメントさんの「頑張っている甥っ子(ハーゲン)を温かく笑顔で見守る伯父さん」っていう表現良いですね。コンサートに行けなかった私にも、なんか雰囲気が伝わってきます。
マイ椅子を持ち込んで、あったかく見守るおじさん、、、素敵♪
わはは( ^_^; )

私も次はブレハッチかな~?
楽しみにしていまーす。^^

  • posted by はなび 
  • URL 
  • 2010.10/01  
  • [Edit]

NoTitle 

☆はなびさん

お仕事でしたか~
残念でしたね・・

今回、ツメ様は一歩下がってハーゲンをリードするような感じで、
ハーゲンの熱演に満足されたように思いました。
最近思うのですが、迫力があって凄いというのと、心の琴線に触れ感動したというのは
相容れないものでしょうかね~

はなびさんは17日のブレハッチでしたね。
私は一足お先に明後日聴いてきますね。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2010.10/01  
  • [Edit]

羨ましい~♪ 

ツィメ様は初来日の時から聴いていますが、まだソロしか聴いたことがないんです。
室内楽、一度でいいから聴いてみたいです。

ツィメ様の直後にブレハッチ君を聴けるなんていいですね~。
ああ、私も日本に住みたいです。
  • posted by バラード 
  • URL 
  • 2010.10/02  
  • [Edit]

NoTitle 

☆バラードさん

私も初来日の初々しいツメ様を見たかった~聴きたかった~デス(^^;羨)

今回のツメ様はやはり弾き振りだったように思います。
今耳に残っている音の記憶をたどると、
ツィメルマンの手の上でハーゲンが泳いでいたような印象があります。
ツィメルマンの色彩の豊かさに比べて、ハーゲンの手持ち駒が少なかったような・・
でもハーゲンの凝縮されたような演奏も聴き応えがありました。

ツメ様は最後の挨拶の時、“オケのメンバーにも拍手~”というような素振りを
されました。
うん、やはり今回は弾き振りデス!・・きっと(笑)

ブレハッチ君、明日行ってきます。
バラードさんの分まで頑張って聴いてきますね。
(そうだ、ワタクシ2回行きます・・スミマセン^^;;)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2010.10/02  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。