RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樫本大進×リフシッツコンサート

昨日、いずみホールに行ってきました。

この忙しい中、行くのを少々ためらったのですが、
チケットもあることだし、仕事を早めに終わらせて聴いてきました。

樫本大進×リフシッツコンサート

<プログラム>
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ
             第1番 ニ長調
             第5番 ヘ長調 op.24「春」
             第10番 ト長調 op.96

☆アンコール   
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ「春」 第3楽章


とても良かったです。
生き生きととした若さもあり、それでいて安定感もありました。
人間でいうなら働き盛りな演奏・・変な言い方ですね^^;

リフシッツは時折、樫本さんにコンタクトをとりながら、
合わせたり、リードしたりしていました。

先日、クルティ&神尾さんの演奏を聴いたばかりですが、
今回のお二人は一段と大人の演奏でした。

耳がどうしても、ピアノのリフシッツばかりを聴いてしまいます。
リズム感が良くて実力を感じました。

でも、途中で連日の睡眠不足が祟り、ウトウトしてしまいました~><

何度ものカーテンコールの後、アンコールで樫本さんがリフシッツのリズム感に
ついていけないところがあり、おやおや・・^^;

二人は呼吸が合うのか、お辞儀も揃っているし、
歩く速さも一緒でした。

会場の入りは、7割ぐらいかな?
ベルリンフィルのコンマスの演奏なのに、もったいないです。

あとちょっと思ったのは、
オケに入ると個性より無難に合わせる方が優先されると思うので、
個性が埋没しないのかしら?
樫本さんを聴いていて、ふとそんなことが頭をかすめました。

で、CDを購入しました。
でもアマゾンになくて、ご紹介できませんが、2006年の「東京ライブ」です。
曲は、
・「四季」(チャイコフスキー)
・3つの小品 Op.59
・「展覧会の絵」(ムソルグスキー)
・アンコール 12のやさしい小品 OP.65より 「散歩」「夕べ」(プロコフィエフ)
が入っていて、2枚組です。

まだ全部は聴けていませんが、なかなか良さそうです♪

今、アンコールが子供の小品なので聴いてみましたが、
ご本人が日本語で「プロコフィエフのさんぽ」。
次も同じく「プロコフィエフのゆうがた」と紹介していました。
会場から笑いが^^

リフシッツのリサイタルがあれば行きたいと思います。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。