RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンー愛と哀しみの旋律ー

先日、映画を観てきました。
「ショパン愛と哀しみの旋律」です。

上映時間は2時間ほど。
休憩なしで見終わった時は疲れました
なんだか重たかったです。

前半、サンドと出会うまでは、ショパンのポーランドでの生活や
作曲家として売れないパリでの生活など、まぁ、それなりに、では
ありました。
(ピアノを壊されるシーンは痛かったです><)

でもサンドと出会ってからは、主役はショパンではなく
サンドだったように思います。
子供を連れての再婚の難しさ、ましてや再婚相手は繊細な音楽家。
子供は多感な年頃。

このシチュエーションはよくあるお話しなのですが、
ショパンの視点から描かれてないのが残念でした。

でもサンド役の女優さんの演技は素晴らしかったです。
母親の心情をよく表していたと思います。

ショパンの曲がもっとたくさん聴けると思っていたのですが、
そうでもありませんでした。
印象に残ったのは、「革命」ですが、あんなにメロディばかり
強調される演奏は初めて聴いたように思います。
こういう映画の場合、すべての曲はBGMですね。

というか、というか、娘って恐ろしい~~^^;

Comment

私も先日観ました☆ 

観る機会がなかなか得られず、私もやっと先日観ました。
本当に、重く、観終わった後、うつむき加減。。。。。
色んな愛の形がありますが、痛く苦しい愛憎劇に、
人間の性の悲しさを感じました。
深く美しい愛が深い悲しみでもあった。。。。
流れるような繊細で美しいメロディー♪時に激しく力強く…♪
心の深部に響き、涙が止まらなくなった理由が
少し、分かった様な気がしました・・・☆
次は、ナンネル・モーツァルト♪に、マーラー♪ですね。(*^v^*)/~~
  • posted by Rose 
  • URL 
  • 2011.04/26  
  • [Edit]

NoTitle 

☆Roseさん

私もこの映画、気がついたら上映最終週でした^^;
この映画のショパンからはサンドへの愛というより、
祖国への想いがよく伝わってきました。
そして副題の“愛と哀しみの旋律”は、サンドの心情を表しているように思いますが、
何しろ子育てって大変・・見ていて疲れました^^;;

曲としてはエンディングに流れたコンチェルトが良かったです♪

そうそうマーラーの方は予告編を見ましたが、
なんだか激しそうでした~^^;
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.04/26  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。