RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新曲

前記事で書いたルービンシュタインコンクールですが、
私のPCでは映像は観れるのに、音声がおかしくて聴くことができません(泣)

音が“アワアワアワ・・”とか、“パタパタパタ・・”とか震えたようになります。
どなたか直す方法をご存知の方、教えて頂ければ有り難いです。

それで、悲しい思いをしていたら、捨てる神あれば・・で、
歌うDIVOが~~~~♪

でも、実は連休中にしていた部屋の模様替えが高じて、キッチン周りの改修を
行っていて、キッチンのモノの移動に追われ、PCを開く時間もなかなかとれず、
すっかり出遅れてしまいました。


IL DIVOが、4月6日の記事に書いたとおり、The Classic BRIT Awards 2011 の
受賞セレモニーで12日、新曲をお披露目したそうです。



撮って下さったファンの方、感謝です♪

この曲はBarberの「弦楽のためのアダージョ Op.11」ですね。
一般的に「バーバーのアダージョ」と呼ばれます。
“葬送”に使われることが多いが、作曲者のバーバーはそんなつもりで
作ったのではないと不満を述べているそうです。(by wiki)

そして、ウルスからメッセージが!!

CLASSICAL BRIT AWARDS

Hello everybody. We are back in London in the UK where it all started.
We just got the fantastic news that we will receive the award for
'artist of the decade' at the Classic Brits, an unexpected honor for us
and we are all very excited about it.

The UK is where it all began, where the people first embraced our music
and gave us the confidence to reach out further into the world.
Since then we've been working relentlessly and have been to pretty much
every corner of this planet,
which has been an incredible ride for us, and hopefully a great experience
for the audiences in all the different countries we've visited.

After seven years we're back here to be rewarded for our work by the people
who made it all possible: The british audience...

So we got together last Thursday to start rehearsing and
preparing ourselves for the big moment.
And we really went right back to the beginning:
We were staying at the first hotel we ever stayed when we came first to London,

we rehearsed in the very same studio where we sang our music together for
the very first time, the name 'Il Divo' wasn't even born yet, under the railway bridge
where the walls tremble every few minutes as a train rolls over your ceiling,
where Simon himself came to visit,
to see how his new idea was taking shape, the garden table and the chairs are still
in the same spotwhere he sat and said: "This is terrible, we'll have to find you something better...."

It's a long time and many many air miles ago... But it feels great to be back exactly
where it all stared, just so much wiser and richer through all the experiences we've made
together in this very intense world we call since 'Il Divo'... I'm losing myself a bit here, sorry.

We're back! And not only in London, but back with new music, new energy, new passion and romance,
and we cant wait to come to you and do what we love most and do best: Sing, perform, make music
and give you as much of ourselves as we can.

We're very much looking forward to seeing you all again very soon.

With my best wishes to all of you,
x Urs

我々ははすべての始まり、イギりス・ロンドンに戻っている。
予想外の賞を受賞したことを4人は非常に興奮して受けとめた。
イギリスはすべてが始まったところで、最初に自分たちの音楽を受け入れてくれた。
それ以来、我々は一生懸命働いて、地球のあらゆるところに行って素晴らしい経験をした。
7年の後、報われてここに帰ってきた。

今回、木曜日にリハーサルをするために集まった。
初めて集まった時と同じホテルに滞在している。
当時、“IL DIVO”という名前がまだ生まれていなかった。
電車が天井を横切り、2~3分ごとに壁が揺れ、そんな場所にサイモンが来て、
彼の新しいアイディアを話した。
彼が座った庭園のテーブルとイスは同じところにある。
そして彼は言った。“これはすごいです。我々はあなた方により良いものを見つけなければ
なりません”

それは長い時間と多くの距離のようだ...しかし、それだけでとても、賢く豊かな私たちは
'Il Divoの'から呼び出すと、この非常に激しい世界で一緒に行った全ての経験を通して、
正確には、すべての見つめていたところ戻って素晴らしい気分だよ...
僕は申し訳ありませんが、ここで自分自身を少し失っている。

我々は戻っている!
ロンドンだけでなく、新しい音楽、新しいエネルギー、新しい情熱とロマンスをもって、
あなた方が来るのを待つことができる。
我々が最も好きなあなたとベストを尽くす、つまり、歌、パフォーマンス、音楽制作など、
我々ができる限りのことを与えることができる。

我々は非常にあなた方との再会を楽しみにしています。

あなた方のすべてによろしく

ウルス 

(自動翻訳に少し手を加えましたが、間違っていたらお知らせ下さい)

以前この賞はどれ位の規模のものなんでしょう?というお話しがコメ欄であったのですが、
ウルスの7年間の思いを綴ったこのメッセージを読むと、かなりのものではないかと
思われます。

写真もフォーラムにたくさんアップされていますが、
ブログの具合が良くないこと、PCが重いことなどで時間がすごくかかってしまいます。
なので、ちょっとだけ。

divo2011uc3yhp.jpg
七三?に分けたウルス^^

divo2011297052784.jpg

↑この後、☆こちら でデヴィッドが手を合わせています。感謝の気持ちかな?^^
前へ戻っていくと、色々見れます~

Comment

おひさしぶりです♪ ^^ 

私もPCが調子悪くて、メーカーに修理に出したら
「リカバリー」されて真っ白な状態になって戻ってきました。
デスクトップに貼っていたウルス君の画像は・・・(涙)

なかなかセットアップできなくて
今は昔使っていたボローいPCで頑張ってます。

DIVOもそろそろ始動ですね。
はやく、PCなおさなければ~~

といいつつ、先日アマゾンでDIVOのベスト盤のようなのを見つけ
出来心で予約しちゃいました。
全部もってるんだけど・・・ついつい。(^◇^;)

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B004U7LJ5O/ref=s9_simh_gw_p15_d0_i1?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=center-1&pf_rd_r=106YSG0GPSVFR20NC4K1&pf_rd_t=101&pf_rd_p=463376736&pf_rd_i=489986

↑リンク貼れてなかったら、アマゾンで「DIVO アンダルシア」で検索するとでるとおもいまーす。
  • posted by はなび 
  • URL 
  • 2011.05/15  
  • [Edit]

怒涛のUpです 

久々に興奮いたしましたわ\(^o^)/
海外DIVAも水を得た魚のようですね。砂漠状態が続いてましたから・・・
もう、私もブロガー失格です。無法状態になっちゃいました(汗)
この暴走癖何とかならないものか・・・
私のPCもブログ同様、整理が追い付かなくて最近ちょっと不安です。PCの動作が遅いのはストレスですよね~お察しいたします。
  • posted by chururu 
  • URL 
  • 2011.05/15  
  • [Edit]

NoTitle 

☆はなびさん

リカバリーですか!!@@
ひぇ~デスネ><

私のPCもDIVOでいっぱいなので、ちょっと整理しました^^;
これで少しは軽くなってくれるといいのですが。

>出来心で予約しちゃいました。
>全部もってるんだけど・・・ついつい。(^◇^;)
出来心・・あはは~って、実は私も全部あるし~と思いながら、ついついでゴザイマス^^ヾ
リンク、ありがとうです♪

DIVO,コンサート早くお願いしたいですね!
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.05/16  
  • [Edit]

NoTitle 

☆chururuさん

ウルス、出てまいりましたね~^^
ベトナム以来でしょうか。
枯渇してると、どうしても勢いが出てしまいますね(笑)

>無法状態
ダイジョーブですかー
まぁ、わかっていれば対処の方法もあるということで。
でも、同じファンどうし、お許しあれ~~(私からも~^^)

PCにブログも調子が悪く、今回の記事を書くのに2時間くらいかかりました><;
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.05/16  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。