RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコン1次/トリフォノフ(追記あり)

追記:

昨日の後半3人の演奏が、今日始まる17:45頃までなら配信先で何度も観れます。
16時現在、行ってみたら、聴けなくなっていました。すみません。
アーカイブのカテゴリーができていたのですが、どうやったら見れるのかよくわかりません(汗)
ビデオは6本あるようですが・・。

昨夜はやはり冷静に聴くことができなくて、今、再度聴いてきました。

ダニイルのピアノの愛し方はハンパではありませんね。
ピアノの鍵盤はまるで赤い糸で結ばれた恋人のようです。

スカルラッティはどこまでも儚く美しく。
ハイドンはちょっとロマンティックで、とても素敵なんですが、
古典派なのにいいのかな~って思ったり。

プロコフィエフは、まるで森の中のいろんな動物と対決しているみたい。
リズム感的がちょっと超一級とはいかないですが、立体的でストーリーが楽しめました。

チーコフスキー(ここでロシア語発音^^;)は、
“感傷的ワルツ”は甘く切なく、“田舎のエコー”では、その終わり方が上手くてうなりました。

バルカローレは、優雅で幸せ感にあふれていました。
最後のメフィストワルツは、前回ルービンで聴いた時より速くて、ちょっとヒヤヒヤしました^^;

この曲、ルービンの時の時間を見ると、あまり変わらないのですが、
緩やかなところを遅くして、バランスを取っていたように思います。
さすがです~♪
こちらも立体感がさらに進化しているよう思いました。
 
カーテンコールは4回。
壁紙がドットだと思ったのは、マルではなく小さな四角。
上半分と下半分が水色と白で反対色(どう言っていいのか?)

後ろに扇風機がありました。
ピアノの上にあった小さなピンク色のハープのような形をしているのはなんでしょう?

そうそう、ダニイルの服は青いシャツ。
なんかショパコン入賞記者会見の時より大人になったような^^

次が楽しみです。(もう通過が決まった気分です^^;)




   ~~~~~~~~~~~~~~~~



あ~素晴らしかったです・・♪

ブラヴォーがすごくて、カーテンコールは何度も。

最初のスカラッティの出だしを聴いて、心配は吹っ飛びました^^

ダニイルにしかできない音楽!
いつも思いますが、弾いているダニイルの周囲には音符がいっぱい。

どの曲も最初の音を出した瞬間に、その世界に入ってしまうダニイル。
特にバルカローレの最初の音がドーンと鳴った瞬間、表情が一瞬にして幸せそうに
なるのがよくわかりました。

チャイコフスキーの曲、本当に魅力的。
始めの曲で涙が出そうになりました。
弾いている最中、ステージ上のチャイコフスキーの写真が大写しになりました。
(でもロシアのピアニストは皆さんチャイコフスキーの曲を素敵に弾かれますね。
どの曲もいい曲で、とても好きになりました。)


そうそう、ダニイル、出てくる時ピアノの前を通ってピアノの前でお辞儀しました^^
それに座ったと思ったら、すぐ立って又お辞儀。
一度は、ポケットに手を入れたままお辞儀(笑)

お辞儀は仙川の時のような方法がわからない、といった感じより進化?していましたが、
やはり他の人とはちょっと違うような・・(微笑ましい~)

アッという間の50分でしたが、ワタシはその間、
もう汗がハンパなく飛び散っていて、鍵盤に落ちたら指がすべらないかしら、
なんて心配したり・・(^^;
メフィストで、グリッサンドがうまくいかなくてヒヤっとした後、
ずっと手をグーにしたまま聴いて汗をかいたり・・(じっとしてるのに・爆)
あ~疲れました(笑)

そうそう、演奏前にビデオレターが紹介されましたが、
英語がお上手でした。
5才のご本人、カワイイかったです。

マイルームは壁紙がドットだったような。
マイピアノは黒ではなくて、エンジ色だったような。
ピアノの斜め後ろにはキーボードがあったような。


最後になりましたが、ピアノはスタインウェイでした。
なんとなく、気持ち、わかります。

Comment

NoTitle 

いやいや、本当に良かったですね~♪

見ていて愛しさが込み上げるというか…
かわいい孫を見守る祖母の心境(笑)

コンクールのスケールに合わせて演奏もスケールアップしていたように思います。
このコンクールにかける意気込みが自然にそうさせていたのかもしれません。
今回はスタインで正解だったと思います。

お辞儀も進化!?
微妙なタイミングの外し具合がたまりません(爆)

彼のピアノ、1929年製のアンティークなんですね。
シンセサイザーと一緒の写真、カワイイですね^^

今回は審査員も温かい拍手をおくる光景に和みます^^
明朝にはもう発表?ドキドキですね。

>いりあんさん
お声をかけて下さりありがとうございます。
ご無沙汰してしまってすみません。

最近は子供が勉強でPCを使うことも多く、私がずっと占領するわけにもいかないのですが、
それでもコンクールは心のエッセンスなのでできる限り頑張って聴いています。

ジョン・ルービンシュタイン氏、俳優兼作曲家兼etc…多彩な方のようです。
お父さんの面影もありますね^^

今回は3元生中継なので、弦の方も聴きたいと思いつつ、ついついピアノに集中してしまいます。
木嶋さんはお聴きになりましたか?
  • posted by yuuka 
  • URL 
  • 2011.06/19  
  • [Edit]

NoTitle 

ダニイル、よかったですね。
ルビコンは彼にとってリハ代わりだったと思わせるような、今回の集中っぷりでした。

yuukaさん、ルービンシュタインのことありがとうございます。
どこでご存知になったんですか?
いつもこのおっちゃん誰なんだろう?って思ってたんです。隣のお姉さんも謎ですが(^◇^;)
  • posted by mion 
  • URL 
  • 2011.06/19  
  • [Edit]

NoTitle 

☆yuukaさん

そ、そ、祖母はまだまだ早いです~^^;;
せめて息子にして下さい(笑)
あ、見守るという意味で、デスネ!

それにしても我が息子?孫?は、いつも暑い中、ホントによく頑張りますよね^^
あの汗、どうにかしてあげたい~

弾くたびに解釈に深みが増し、よく勉強していると思います。
なので、安心して一人暮らしをさせられます・・って、母発言?(爆)

>微妙なタイミングの外し具合がたまりません(爆)
よく見ていると、弾き終わって立ち上がっていくと共に、
あちらの世界から帰ってきますね^^
そのすぐ後のお辞儀、タイミングがわからないのも無理はありません。
何しろ帰ってきたばかりですから(爆)

私もスタインで良かったと思います。
まろやかな音でしたね。

>彼のピアノ、1929年製のアンティークなんですね。
そうでしたか。
82年前ですね~どんな音なんでしょう。
ピアノの上には色々置いているので、蓋は開けずに練習してるのかしら。
そうそう、シンセサイザーで作曲していると言ってましたね。

ジョンさん、素敵な紳士ですね。
ダニイルが弾き終わった後、何やら“very,very”と連発なさっていました♪
お隣りの通訳の女性の方もジョンさんを見る目が信頼に満ちていて好感が持てます。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.06/19  
  • [Edit]

NoTitle 

☆mionさん

やはり本番を何度も踏むと、曲がよく練り上げられるように思います。
ただ、マンネリ化するのが怖いですが^^;

でも、ダニイルの場合、練習どおり弾こうとしているのではないので(雑誌に書いていました・笑)、
そういう懸念は無用かもしれません。
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.06/19  
  • [Edit]

NoTitle 

>mionさん
ルビコン中継の合間にゲストでインタビュー受けていたのをたまたま見たのです。
表彰式ではスピーチもしていました。
まさかチャイコンの司会で登場するとは思いませんでした。

隣のお姉さんはイリーナさんというらしい。
それにしてもロシア語ってなんでこんなに早口なんでしょうね~
舌噛まないのかしら?
あ、でもニコライの早口は想像できませんが^^;

>マーシャさん
お借りしてすみません。

  • posted by yuuka 
  • URL 
  • 2011.06/20  
  • [Edit]

NoTitle 

yuukaさん、教えてくださってありがとうございます。
ルビコン、見逃してました。
隣のお姉さんはイリーナさんですか。
今朝方の2次通過者発表で、司会をしてました。
イリーナさんのロシア語はまだ聞き取りやすい方です。
ディナーラちゃんの早口は、全く聞き取れませんでした(>_<)

マーシャさん、ダニイル通過おめでとうございます!
明日、日本時間18時から、ソンジン、ダニイル、ヨルムの順です。録画しないと見れそうにないですね( ; ; )

昨日は全くノーマークだったスイスのポワザ君の美しい演奏に感動しました。ぜひファイナルまで残って欲しいです。
  • posted by mion 
  • URL 
  • 2011.06/20  
  • [Edit]

NoTitle 

☆yuukaさん

全くノープロブレムです~^^

☆mionさん

ソンジン君も通過ですね!
おめでとうございます。
そして、ポワザ君も良かったですね。

演奏順はやはりクジなしですね。
前半聴けるか厳しいです><
なんとかできるかな・・(又?・笑)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.06/20  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。