RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャイコン2次/トリフォノフの演奏

追記:
再度観てきました^^
少し書き足します。
  

~~~~~~~~

2次のダニイル、今弾き終わりました。

感動しました。

エチュードの10番あたりから、胸が震えて涙が出そうになりました。

スクリャービンもショパンもルビコンで聴きましたが、うんと、うんと進化していました。

スクリャービンの一楽章の出だしの迫力が増していて、
そのあともフレーズの対比がよりはっきりとしていました。
この曲、こんなに良かったかと思わされました。

ショパンでは、ルビコン時より少し速かったように思います。
こちらも、いろんなフレーズが、より深く、より厳しく、より切なく、より寂しく、
より明るく、より優しく・・12曲を1曲としての大曲に仕上げていました。

課題曲の“Tchaikovsky Etude”も、予想通り解釈がよくわかりました。
望むらくは、色付けなどがもう少しあればと思いましたが、もう十分です^^;

ここで意外な表情が見れました。
楽譜を見る真剣なまなざし。とても知的に見えました。
そして、譜めくりさんにページをめくるよう促すところでは、
頭を動かして合図してるのですが、結構亭主関白のようにも見え、男らしい(笑)



で、天然ダニイル、所々で見られました

1曲目を楽譜を見て弾いたので、弾き終わった後は楽譜立てと譜めくりさんのイスを
片付けなければいけません。
でも、ダニイルはイスがまだ片付かないうちに登場しました。
って、周りは全く見ていない様子^^

よく見たら、ダニイルは自分で楽譜立てを運んだのですね(笑)
なので、片付ける人は一人しか出てこなかった。
すると彼はその人に途中で楽譜立てを渡した。
楽譜立てを受け取った人がそれを舞台の後ろに置き、椅子を片付けに出て来た時、
すでにダニイルは舞台の真ん中に。
ま、結局周囲は見ていないという同じ結論ですが・・。^^;



カーテンコールでも、控えの女性のいうことは聞いていないようです(笑)
自分でも手応えを感じたみたいで、観客の拍手に応えるため、すぐ出ていきました。

又何度かのカーテンコール、これで終わりかと思いきや、拍手がさらに揃ってきて大合唱(?)。
ダニイルの笑顔が素敵でした。
(カーテンコールは5度でした。3度目、ソデに変える時、スーツの裾を片方ずつ引っ張ていて
可愛いかったです)


ルビコンの後、優勝コンサートが続き、かなり忙しかったと思うのに、
こんなにグレードを上げてきて、もうホントになんということでしょう!

次のモツコンも楽しみです。
(通過は確信しています^^)

まだ興奮が冷めやらない~デス。

明日はやっとお休みで、木曜日からモツコン祭りです~

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。