RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9ヶ月後のソナタ2番

ニコライの7月16日のポーランドでのコンサートです。

mさんに教えて頂きました~感謝♪


ショパコン以来のソナタ2番 第1楽章 途中から





ちょっと大人になったニコライ。
最初の映像、7分18秒あたりで1楽章が終わった後の拍手に、左手で制止する様は、男らしい^^
それでいて、終楽章が終わった後は、ちょっと舌が見えたりして、子供のような^^;

で、相変わらずズボンの丈が短いですが、
これは、立つとちゃんとした長さになるのです・・たぶん(笑)

演奏は、なんだか、ちょっと破滅的というか自虐的というか・・
3楽章の展開部になってもあまり救われないような・・


でもこの写真を見てホッとしました(~_~;)

DSC01063.jpg

Comment

NoTitle 

ずっとコメントをためらってました。
ちょっとこの演奏に対しては、賛否両論あったもので…
その件についてはちょっとヨコにして…

やっぱり彼はコンクール向きじゃないなと思いました。
聞いていると、どんどん人間の持つ闇の世界へいざなわれてしまう、そんな演奏をしてしまう。
コンクールは、作戦を練って、常にバランス良く崩れることなく弾かなければいけない。
でも、そういう演奏はきっと出来ない人のように思いました。
この特殊な個性、誰か救いあげてくれたらいいなと願ってます。
とにかく、明日のリサイタルが成功しますように。
3番ソナタ、聞きたかったなあ…(特に3楽章)
  • posted by mion 
  • URL 
  • 2011.07/23  
  • [Edit]

NoTitle 

☆mionさん

mionさんのコメントを読ませて頂いて、ダニイルのことが頭をよぎりました。
(曲に入り込み過ぎる、という点で共通しているかなと思って)

ダニイルもショパコン時の演奏ではかなり暴走していましたが、
6月のルビコンを聴いた時は、すごく安定していて成長したと思いました。
今日、CHOPIN8月号とMOSTLYが届きました。
(やっぱり買ってしまいました^^;)
その中でダニイルのインタビューを読んだのですが、
彼は、ショパコン時とチャイコン時での演奏の変化を
自分でも感じているそうです。
チャイコ協奏曲を勉強して(3月から始めたそうです@@)、
ショパコン時と違った価値観をもつようになったことがきっかけだと
いうことです。

そうそう、ダニイルの1月のガラコン、あまり良くなかったですよね。
演奏終了後のサイン会も機嫌が悪かったです。
あの時どこからもオファーがなかったようですね。

私の想像ですが、あの時彼は今の自分ではダメだということを
思い知ったのではないかと。
又自分の演奏についてのいろんな情報(批評)をよく知っているし、
自分の演奏のことはもちろん誰よりもわかっている。

ということで、改善する方法を模索していたのかもしれません。
そんな時にチャイコ協奏曲に出会った・・。

話しがダニイルのことばかりになってスミマセン^^;
ただニコライも自分のことをよく知ってほしいと思ってしまいました。
(あ~余計なお世話かも・・><)

素直で謙虚・・ニコライってどうなんでしょう。
もしかして頑固なのかな~^^;
でもニコライはとっても賢明な人なので、きっといろんな経験を肥やしにして
成長していってくれると思います、思いたいです(^^ゞ

明日、本番ですね。
いい演奏ができますように!
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.07/23  
  • [Edit]

NoTitle 

即レス失礼します(^^;;ipad立ち上げたらいきなりマーシャさんのコメントがどーんと出て来て思わず(笑)

モーストリもショパンもすでに初日に読んでまーす♪
なかなか興味深い内容でしたよね。
私は暴走ダニイル大好物なんで、チャイコン時の演奏は、あれ?って思いました。非常に正統的な演奏に変わっていたからです。あ、ちゃんと勝ちに来たんだなって思いました。ゼリクマンにまた師事を仰いだのも正解でしたね。わずか数ヶ月でこなしてしまうところはさすがですが、(ただ、ロシアでは珍しくないことらしいですが)ちゃんと綿密 に今回は計画だてて自分がどうすればいいのか、また、周りも彼をどうすればベストに持ってこられるか、音楽院の彼に関わる楽派が総力をあげての圧勝だったのではないかと、両誌を読んで感じました。

1月のガラコン、彼の立場は微妙でしたね。周辺の意見も厳しかったということはマーシャさんにもお伝えした通りです。
あれから良くぞ短期間でここまでと、本当に感服しました。彼の天賦の才能がなければもちろん出来たことではないですが。

あ、ニコライの話ですが…
デジン先生が浜アカで指摘してた点ですよね。
そこは、本人が納得しない限りむずかしいかなと。
頑固ちゃんのようですから(^^;;
だから、素直に人の意見を取り入れるダニイルと違って、彼はコンクールではかなり時間がかかるかと思うんです。
それがいいのか悪いのか。
とりあえず、レパートリーはちゃんとこうしてソナタも新しいものを入れて来てるし、頑張ってはいるようですが。
何かいいきっかけがあったらいいですね。
  • posted by mion 
  • URL 
  • 2011.07/24  
  • [Edit]

NoTitle 

☆mionさん

雑誌、買われていたのですね・・すみません(汗)

暴走ダニイル、私も嫌いではないですが、
あれを乗り越えないとピアニストとしてはやっていけないということは
ダニイルが一番わかっていたのではないかと思います。
いろんな人たちを味方につける?のも、ご本人の人柄や
日頃の行いの賜物だと思ったりします。

音楽院の応援はダニイルも表彰式のコメントで言っていたように、
“友情”じゃないのかな~(甘いかな・・)

私はファンなので“勝ちにきたんだ”とは思いたくないんです~(笑)
もちろん勝つことが目標でコンクールを受けるわけですが、
周囲の思惑とは別に、ダニイル自身は自分の演奏が皆んなを幸せにできれば、
その結果優勝がついてくる、と思っていたのではないかと思いたいのです。
でもピアニストとして生涯演奏していきたい、という野望はあったのかな~

そして又またファンなので・・
彼の精神状態のもっていき方は本人にしかできないものだから、
MOSTLYに書かれているダニイルの言葉を信じたいのです。

ニコライ、なんだかヤキモキしますね^^;
納得のいかないものに従う必要はないですが、
とりあえず試してみる、くらいの気持ちはほしいかも・・
性格でしょうかね~(笑)

でもあのショパコンの1次の演奏があんなに素晴らしかったのだから、
コンクール制覇もきっと近い将来叶うと信じて応援しようと思います。
きっかけ・・・・・・・・・・・・メ○○!(とんでもないですね・爆)
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.07/24  
  • [Edit]

NoTitle 

あ、勝ちに行ったというのが悪くとられたのでしたら、すみません。謝ります。
悪い意味で書いたつもりではないことはご理解ください。
ファンの目線とはまた違う視点ですので、ちょっと悪くとられちゃったかなと心配してます。

良い意味で、本当にプロとして飛躍するために、コンクールでの勝利を目指したんだと思うんです。
コンクールがすべてではないですが、ダニイルのインタビューにもあったように、若いうちにコンクールで結果をだして、あとは演奏活動や勉強に時間をとるのがベターというのは、非常に共感しました。賢い人だなって読んでいて思いました。だからこそみんな、1位を目指してるわけで、建前は入賞で満足というコメントを残しますが、実際その後1位と2位以下じゃ天と地ほどの扱いの差があるわけで、○芳さんのよーに「2位じゃだめですか?」って言われたら「ダメです」ってなりますよね(笑)

ショパコンの時までは、自分の感性の赴くままに弾いていたように思いました。それでも、1次がちょうど彼は初日で、クルティの次だったかと思いますが、すごい才能があらわれたとあの時は周囲にも「トリフォノフってすごいよ」って言いふらしたもんです^^;
ただ、彼が思っていた結果が出なかった。
そこで、プロとして聞き手にどう満足してもらえるかということを、さらに研究したんだと思います。
それはおそらく、彼もインタビューで語っているように、様々なロシアの流派が協力してくれたのも大きいと思うんです。なかなかないことだと思います。マーシャさんがおっしゃるように、彼の人徳が大きいポイントでしょうね。
演奏は、伝統的なロシアンピアニズムになっていて、それはそれで私の大好物だったので、もともとのダニイルの才能に加わって、安心感が出ましたよね。そうそう、おっしゃるようにもともと幸福感を伝えられるピアニストですから、多くの人を満足させられるようになったんだと思います。

彼は人柄もかわいいので、愛されキャラですよね。アルゲリッチにもかわいがってもらっているようですね。来年のアルゲリッチ音楽祭、アルゲリッチファミリーの一員として、一緒に来日すると聞いてます。
今回のチャイコンは、プーチンが国の威信をかけてチャイコンの名誉回復のために尽力したと聞いてます。そのためにゲルギーも呼んで、コンクールのペレストロイカを目指したとか。
だから、ダニイルは心配ないですよ。
いろんな人から愛され、応援され、そして国のバックアップも保障されてる。あとは彼が言うように、さらなる研鑽を積めば、後世に名を残すピアニストになると思います。

もともと○十年前からロシアのピアニストたち大好き人間なので、つい熱く語ってしまいました^_^;

で…
メ○○って??????





  • posted by mion 
  • URL 
  • 2011.07/24  
  • [Edit]

NoTitle 

☆mionさん

いえいえ、理解してます~^^
熱く語って下さってありがとうです♪
私の言いたいことを客観的に書いて下さって、ほぼ同意見です。

ゼリクマン先生の元でサンマリノで優勝し、その後ババヤン先生に師事して、
自分をさらけ出す方法を教えてもらったのかな~と思います。
やりたいようにやりなさい、みたいな指導(笑)
で、ショパコン。
その後はmionさんが書いて下さったとおりだと思います。
ダニイルも言ってますが、両先生のいいところをうまく取り入れて、
今回があったのですね。

若いうちにコンクールで結果を出せる人はごく稀で、
それは才能の多少に関係するように思います。
皆さん、わかっちゃいるけど・・難しいんでしょうねぇ。

で、又また新たな情報、ありがとうです♪
アルゲリッチさま、ヴェルビエかと思いきや、大分ですか!
スイスよりうんと近いですね!!
早く発表になればいいですね、期待大です^^

で、ニコライ、どうしましょう(爆)
まぁ、大きなコンクールまで時間もあることですし、
これからの精進に期待したいですね。
メ○○、後でします~^^
  • posted by マーシャ 
  • URL 
  • 2011.07/24  
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。