RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F○ZIOLI CD

やっと、届きました~♪
(って、もう10日経つのですが・汗)

20110726010510.jpg

【収録】
ショパン
・ロンド op.5.『マズルカ風』
・ワルツ第1番 op.18『華麗なる大円舞曲』
・練習曲 op.10-8
・アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ op.22

 録音時期:2010年5月
 録音場所:ヴェネツィア、テアトロ・フェニーチェ
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 使用楽器:ファツィオーリ/モデルF308

・マズルカ第33番 op.56-1
・マズルカ第34番 op.56-2
・マズルカ第35番 op.56-3
・ピアノ・ソナタ第3番 ロ短調 op.58

 録音時期:2010年11月
 録音場所:サチーレ、ファツィオーリ・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 使用楽器:ファツィオーリ/モデルF278

(現在、H○Vで買えます)

このCD、ショパコン後の11月にファツィ○リホールで録音されたものと聞いていて、
1月に仙川で予約していました。

でも11月のコンサート全曲ではなかったこととアンコールの“ラ・カンパネラ”が
入っていなかったことがちょっと残念。

でも収録の演奏は、ネットでは出てなかったので初めて耳にしました。
曲目は、コンクールで弾いているのを何度も聴いたことがありますが、
これはこれで新鮮でした。

ソナタの3番は、しっかり構築されていて、すべての音が語っているようで、
こういうのを聴くと、やはりダニイルは作曲家でもあるんだなと思います。

あと、このピアノならではのキラキラ感が、特に“アンスピ~”で堪能しました。
ダニイルの美音はすっかり有名?ですが、このピアノのキラキラ感は特別です。

でも、仙川や東京のガラコンの放送ではあまりそういう音は聴けず、
チャイコンでも他の人の演奏でしたが、音色が硬いように思いました。
機種差or個体差が激しいのかなぁ。

なのでチャイコンでは、ダニイルはスタインウェイを選択。
ファツィ○リさんは、さぞかしガッカリされたことでしょう。
でも義理に流されなかったダニイルは勇気がありますね。

この両者、これからどうするのかな~と思っていましたが^^;
どちらもオトナなのでした。
☆こちら のページを下にスクロール。

どんな会話が交わされたのでしょう^^

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。