RONDO・ロンド

音楽のことを中心に・・

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オシャレなDIVO

DIVOから最新映像のお知らせがきました。

「The music of the night」



この映像、音楽はさておき?^^;
サロンガさんもDIVO全員も素敵ですね~

今回、スーツに着目。
ウルスのダブルもいいし、セブのノーネクタイのデザインもオシャレ。
デビの三つ揃えやカルロスの白黒もコントラストが効いていて清潔感があります。
(カルロスはいつもはセクシーという意味デスヨ^^;)

サロンガさんのアイメイクもオシャレです~

ところで、今回のツァーでウルスのソロパートが少ないと思うのはワタシだけ?
なんだか特筆することがないと思っていたのは、そのせいかも。

ウルスの歌唱は、どちらかというと直球なのでドイツリートの方が似合う気がします。
シューベルトの「冬の旅」などはどうでしょう。

❛菩提樹❜


ヘルマン・プライ、いいですね。
出だしなど、ウルスに似ているような感じがしますが、
バリトンなのでやはり少し声が低いですね。


同じくフィッシャウ・ディスカゥ


同じバリトンでも少し声が高く明るいですね。
ピアノ、もしかしてブレンデル?


ウルスはテナーということですが、明らかにデビとは違うし、
かといってカルロスのような低い声ではないし・・
あ!メゾテノール??^^;

声域というのは、出る音域で決めるもの?
声質は関係ないのかしら??

ま、どちらにしろ次のアルバムはドイツリートでお願いしたいものです。

それに、ウルスの菩提樹も聴いてみたいな。
*CommentList

京響定期:ラフコン2番(ルガンスキー)

少し前になりますが、14日に京都コンサートホールに友達と行ってきました。
お目当ては、ルガンスキー。
曲は、ラフコン2番。

で、今日のクラシ○ク音楽館でその日のコンサートが放送されました。


京都市交響楽団 第577回定期演奏会
1.ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18(ラフマニノフ作曲)

・アンコール/絵画的練習曲「音の絵」Op.33-8(ラフマニノフ)
   ↑
  放送ではカット

2.交響曲 第1 二長調「巨人」(マーラー作曲)

・アンコール/カプリッチョから間奏曲「月光の音楽 」(リヒャルト・シュトラウス)

管弦楽:京都市交響楽団
指 揮:広上淳一
ピアノ:ニコライ・ルガンスキー(1曲目)

収録:2014年3月14日 京都コンサートホール



同じ演奏を聴き比べられるのは初めてなので、今日の日を待っていました。
まずは、生の音と結構違うことにびっくり。

コンチェルトはピアノの音をオケとは別のマイクで拾うからか、
オケとのバランスがかなり違っていました。

実は、生では3階の後ろの方の席だったこともあってか、
ピアノの音が全体の3割くらいしか聞こえてこないのです。

これって、時々体験するのですが、責任?はいずこに??^^;

放送で聴いたルガンスキーはオトナで硬派な演奏。
色彩豊かという感じではなく、私としてはちょっと残念。

そして、生のオケの音は放送よりもっと良くて、出だしの音を聴いた時は、コレは!と思わせてくれました。
期待どおり、特に弦はよく揃って情熱的でした。
オケの人数はそんなに多いわけではないのに、よく音が出ていました。

2曲目のマーラーの「巨人」では、広上さんの情熱が楽団員にも乗り移って、
小1時間に及ぶ演奏も最後まで飽きずに聴けました。
イマジネーションが大いに刺激される、いい演奏でした。

で、今回の放送って、広上さんにスポットが当たっていたのですね^^;
紹介も広上さんだけだし、アンコールもルガちゃんも演奏したのに放送されませんでした。


なんでも、京響の定期演奏会が最近では完売が続いていて、
それは彼がこのオケの常任指揮者になってからだとか。

この方は、曲のイメージを日常的なことに例えるのがお上手で、
演奏者はそれぞれ自分でイメージを膨らませて演奏するそうです。

だからなのか、聴いている方もその演奏から色々想像しながら聴くという・・。


音楽は、イマジネーション!!・・かな。


そうそう、「巨人」の3楽章って、「フレールジャック」の短調版の輪唱に聞こえて仕方ありません^^;
あと、広上さんのダンスのような指揮ぶりに、友達が笑いを抑えられず^^;

wowow DIVOライブ放送

11日のwowow、ばっちり観ることができました。
そして、録画も!
wowowさま、本当にありがとうございます♪

お蔭さまで、日本の最終公演を楽しむことができました。
そして、これからも何度も観れるという楽しみがあります♪

それにしても、さすがTV。
いろんなアングルから見れたり、一人ひとりの表情もよく見えました。
で、会場では見れない細かいところも。

例えば、ウスルとセブの白いシャツや黒いシャツにラインの模様があるとか、
カルロスがMAXで声を張り上げている最中に鼻の横の筋肉を動かすところとか@@、
デビが二つ指輪をしているとか、ウルスが鼻の下に汗をかいているとか^^;
セブがスタッフに?サインを出しているところとか・・。

一つ、不思議に思ったのはレアさんの声が会場で聴いたのとは少し違って聴こえたこと。
会場で聴く方がチャーミングな声のように思いました。

約2時間半に及ぶコンサート、DIVOの4人は最初からエネルギー全開。
体力も相当なものだと思います。

どの曲も熱唱。
そんな中、「Love changes Everything」では程よいコーラスが心地良く、
「FURUSATO」の重唱がやはり素晴らしくて感動。
そして、「Bring him Home 」のデビの繊細な歌声や
「Time to Say Goodbye」での2番のウルスの低めの歌声もとても良かった♪
ウルスは低音の方が安定感があっていいように思います。

大阪公演で感動した「The Music of The night 」は、振りが変えられていてドラマ性がなくちょっと残念。
レアさんも、「I Dreamed a Dream」より「Back to Before 」の方が良かったです。  

「Somewhere」の前にセブがステージに座った時、2007年の再来か!^^と期待しましたが、
セブのアドリブだったようですね。
でも、会場は盛り上がりました~
セブは5日とは違って、いつものノリのいい茶目っ気があって、ホッとしました。

そして、このコンサートで一番ウケたのは、
アンコールでの、カルロスの「オッケーでした」デス(笑)


・・つくづく、DIVOのコンサートは最低3回は観るべし、と自分に言い聞かせた次第デス^^;

あぁ、次は又2年後?
今から待ち遠しい~~~~~
*CommentList

魅惑の夜~DIVO大阪公演

DIVOのワールドツァー、大阪公演の3日と5日を行ってきました♪

ファンなので、ひいき目もあるかと思いますが・・
いやいや、ひいき目なく客観的に聴いても!

素晴らしかった~ & 楽しかった~ 

今回は女性歌手、Leaさんが共演。
衣装などLeaさんのお人柄がうかがえて、その歌声も魅力的でした。

3日は、今回が初めてなので前半はなんだか構えて聴いてしまいました。
でも、3曲目?のセブの登場がフランス映画の男優さんのようで、とってもかっこ良かったです。

そして、「Somewhere」のサビでのディヴィッドが圧巻!!
後半の「The Music of The Night 」は、素晴らしく感動的でした。
Leaさんを交えてのハモリや入魂の歌声、心に染み入りました。
5人の音楽を愛する気持ちなどが伝わって、ブラヴォーと叫びたかったです。
5日の音響の良さを考えても、私はこの日の方が良かったです。

そして、そのあとの「Impossible Dream 」
カルロスのバリトンが素晴らしくて、ずっと一人で歌っていてほしかった。^^;

で、今回の一番エンジョイできたこと。
それは終盤のディヴィッド!
可笑しすぎ~
私は涙が出るくらい笑ってしまいました。

実は、ペンライトなのですが、
ディヴィットが歌いながら、自分の手で、こんな風に振って、とゼスチャー。
それを見た私たちがその通りに。
それを見たディヴィッドが笑って、又違うゼスチャー、
で、私たちは又その通り~、の繰り返し。
ディヴィッドは大笑い、私もそれにつられて大笑い、涙が出てきた・・・って、ワタシだけ?^^;

そうそう、「My way」でのパフォーマンスも微笑ましかったです。


そして、5日はフェスティバルホール。

音響が良く、さすが音楽ホール。
私の席からはお顔も良く見えて、ウルスが目の前のことが多く・・
もう、すべてを堪能しました。

その中で印象的だったのは、Leaさんの「I Dreamed a Dream 」
表現豊かで素晴らしい歌声でした。

城ホールではなかったスタンディング。
それを見たLeaさんは、Oh~!とばかり手を口にあて、少し飛び上がり喜びを表現されました。

ご自分のリサイタルではないアウェイでのステージ。
歌いづらい感じもしていたのかもしれません。
でも、そんな中、心を込めて丁寧に歌われていて心を打ちました。

ディヴィッドはいつもと変わらずフレンドリー。
ウルスは落ち着いた機嫌の良さ。
カルロスはちょっとふくよかになられたような感じがありましたが、
全体的にドヤ的な歌声が少々減って、協調性が増えたような・・って上から目線でスミマセン(汗)

で、気になるのはセブ。
心なしか、やつれたような感じがし、ちょっと元気がなかったように思います。
後半あたりで、カルロスがセブを振り返り、大丈夫?というような視線を送っていた?
私のとりこし苦労ならいいのですが・・。

日本公演もまだ3公演残っているし、ワールドツァーはまだ始まったばかり。
体に気をつけて頑張ってほしいですね。


今回は10周年ということでしたが、ベテランらしい落ち着いた雰囲気や
全体的にハモリの調和がよくとれていて、コーラスのレベルが上がったように思いました。

夢のような私のDIVO公演は終わってしまいましたが、
あとの楽しみは、wowowのライブ放送。

でも、生でもう一度聴きたいな~
・・ガマンガマン^^;
*CommentList

2014 DIVOセットリスト

DIVOの日本公演、始まりましたね~

26日、27日と素晴らしい公演だったようです。

私は、3日の城ホールが初日ですが、
ずっと知りたかったセットリストがようやくわかりました。

追記あり(3/1)
毎回、多少の変更があるようです。

ACT 1
Overture
1.Tonight (4)
2.Some Enchanted Evening (6)
3.If Ever I Would Leave You (10)
4.Flwers Will Bloom (13)
5.Can You Feel The Love tonight? (2)  #with Lea Salonga
6.Defying Gravity  #solo Lea
7.Memory (1)  #with Lea
8.I Will Always Love You
9.Don't Cry for me Argentina
10.Somewhere
*Pour Que Tu Maimes Encore (27日・28日)

ACT 2
11.The Winner Take it All
12.Bring him Home (3)
13.Love changes Everything (11)
14.FURUSATO
15.Who Can I Turn To? (7)
16.Back to Before  #solo Lea
17.I Dreamed a Dream  #solo Lea
18.The Music of The night (12)  #with Lea
19.Impossible Dream
20.You'll Never Walk Alone (9)

ENCORE
21.My Way
22.Time to Say Goodbye  #with Lea

*()内は新アルバムの収録番号です

新アルバム「A MUSICAL AFFAIR」から11曲。
その中には、もちろん「花は咲く」。
そして、「ふるさと」!

思いっきり、日本バージョン。
楽しみ~♪
*CommentList

涙のフリー

昨夜(今朝方)の女子フィギュアは、結局最後まで観てしまいました。

まおちゃんの演技が終わったとき、自然と涙が頬を伝いました。
演技終了後のむせび泣いている姿を見て、どんなにか苦しかったのだろうと心が切なくなりました。



6種類のジャンプと2つのコンビネーション。
トリプルアクセルができるのは彼女だけなので、6種類を揃えることは他の選手は無理なのですね。
最後までトリプルアクセルにこだわって成功し、
又、他のジャンプもすべて降りることができて本当に良かったです。

練習の成果を存分に発揮できたこと、これがすべてなのかもしれません。


そして、大ちゃん。
会場でまおちゃんのSPを見て、泣いた写真がアップされていました。
❛泣きすぎ❜との微笑ましいコメントが相次いで・・
第2の真由子&クルティ?^^

そうそう、まおちゃんのSPのノクターンはピリス、
フリーのラフコンはベレゾフスキーの演奏だそうです。


で、女子フィギュアの女王はロシアのソトニコワ選手。

前評判ではリプニツカヤが全面に押し出されていて、ソトニコワはノーマーク。
ソトニコワは団体にも出ていなくて、リプニツカヤは二回も出場。

彼女は隠し玉で、プレッシャーからも守っていたというロシアの作戦かと思うのは
私だけでしょうか?


  

それにしても、どの競技を見ても、滑る滑る、滑る滑る、滑る滑る・・
スケートにしろスキーにしろ、そのスピードたるやすごいですね~
あんなに滑れたら気持ちいいだろうな、ちょっとでいいから滑ってみたいなぁと
思いながら見ています。

でも夏のオリンピックでは、どんなに早く走っていても、どんなに早く泳いでいても、
羨ましいとは思わないのですが・・^^;
*CommentList

左サイドMenu

フラッシュピアノ

プロフィール

マーシャ(Marsha)

Author:マーシャ(Marsha)
 ピアノが好き、歌が好き
 いい音楽ならなんでも!


 ♪  ♪  ♪  ♪  ♪
頂いたコメント&レス共に
サイドバー表示まで時間
がかかる事があります。
何卒ご了承下さいませ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。